F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:次のステップを計画するクビサがアストンマーティンF1へ移籍か

2021.09.15

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 イタリアの情報筋によれば、ロバート・クビサが今年末をもってアルファロメオを離れ、個人スポンサーでもある『PKNオーレン』とともにリザーブドライバーとしてアストンマーティンF1に移るという。キミ・ライコネンが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことから、クビサはF1第13戦オランダGPと第14戦イタリアGPで予想外の出走機会を得た。

 イタリアでは、予選でディファレンシャルに問題が見つかり、予選スプリントレースでも1周目で角田裕毅と接触するなど、せっかくの努力が損なわれるような状況もあったが、決勝では良好なレースペースを見せることができた。クビサとストロール家との関係は2018年にさかのぼる。当時クビサがリザーブドライバーを務めていたウイリアムズF1の正ドライバーがランス・ストロールだった。

 ふたりは2019年にも残留するという交渉が進んでいたが、その後買収されたレーシングポイントにそろって移籍するという話もあった。セルジオ・ペレスがレーシングポイントと契約した時点でその可能性は消えたが、ストロールとクビサが交渉のテーブルに戻ったいま、アストンマーティンへの移籍契約がまとまる見込みも出てきた。

 クビサにとっては、近い将来ハイパーカーを走らせるチームとつながっておくことは重要だ。彼自身が走りたいカテゴリーだからであり、アストンマーティンは2023年か2024年にル・マンのハイパーカークラス参加を検討しているため、クビサのプランとは完全に適合する。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号