F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:F1への道を諦め、アメリカで活躍の機会を探るドライバーたち

2021.08.17

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ロマン・グロージャンやマーカス・エリクソンが今年のインディカー・シリーズに参戦して成功を収めていることに、近い将来のF1昇格や復帰の見通しが非常に低いと思われるヨーロッパ拠点のドライバーたちが着目している。アレックス・アルボンは、2022年に活動拠点をアメリカ本土へ移すことを視野に、先週すでにインディアナポリスでドライバーズマーケットの情報収集を行っていたが、同様の可能性を探求するのは彼にかぎらない。

 ニコ・ヒュルケンベルグは、最近「もしも来年のF1シートが獲得できなかったら、僕にとってのF1はそこで終わりだ」と語り、インディカー参戦への意欲を示した。驚くべきことに、ル・マン優勝経験をもつ彼に対して、WEC世界耐久選手権への新規参戦を目論むマニュファクチャラーたちはほとんど興味を示していないようだ。ダニール・クビアトは、フォーミュラEへの転向を望んでいるようだが、彼もやはりアメリカでのレース機会を探している。

 インディカーだけでなくIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権も選択肢にしているのは、ケビン・マグヌッセンがWECのスポーツカーレースにマニュファクチャラーとして復帰するプジョーに加わった場合、彼のシートが空くからだろう。IMSAで大変な好成績を挙げてきたフェリペ・ナッセも、インディカーへの転向がささやかれているほか、先週末にインディカーへのデビューを果たしたクリスチャン・ルンガーを含む数名のF2ドライバーたちも同様の動きを検討しているという。若手にとってはF1昇格のチャンスがほとんどないためだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号