F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:メルセデスとレッドブル首脳の心理戦に巻き込まれるペレス

2021.07.14

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 トト・ウォルフとヘルムート・マルコは、メディアを利用して私的な戦いを続けており、互いにプレッシャーをかけあっている。オーストリア人であるふたりは、共通の友人のニキ・ラウダを当惑させないために、長年にわたり互いの存在を認めなければならなかったが、ついに相手のことを本当はどのように考えているか示すようになっているのだ。

 マルコはモナコGP以降、メルセデスのフロントウイングの過度のたわみについても調査を行うよう要求してきた。マルコはW12がウイングの形状変更によってストレートで違法なアドバンテージを得ていると主張したが、FIAはこのフロントウイングのたわみについて、より厳しい検査を課すための新たな技術指令書をいつ送付するかまだ決めていない。

 そして、マルコはウォルフとの新たな戦いの火蓋を切った。マルコは、2022年にメルセデスがジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンのチームメイトにしないのなら、レッドブルがラッセルに対しマックス・フェルスタッペンのチームメイトとなる契約をオファーするだろうと主張し、メルセデスのチーム内に不協和音を生じさせようとしているのだ!

 これは明らかな心理戦であり、今後数レースにわたってバルテリ・ボッタスの自信を削ごうとしている。しかしあるメルセデス関係者の指摘によると、こうした言動はセルジオ・ペレスのレッドブルでの将来を保証することにはまったくならない。同時にチームはドライバーズ選手権の戦いにおいて、フェルスタッペンができるだけ多くのポイントをルイス・ハミルトンから奪うためにペレスのバックアップを必要としているのだ……。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号