F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:環境に安心しきったハミルトンに“ハッパをかける”経営陣の策

2021.07.07

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1第9戦オーストリアGPの期間中、レッドブルリンクのパドックでは根拠に欠けるうわさ話が飛び交っていた。普段から事情に詳しい筋が、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスがサマーブレイク後にスワップ移籍すると主張していたのだ。ラッセルがルイス・ハミルトンのいるメルセデスに移って1年半を共に戦う一方、ボッタスは今シーズン終了までウイリアムズで走るのだという。

 それらの情報筋が、数人のダイムラー経営陣と、メルセデスF1のスポンサー企業である『イネオス』の幹部たちから得た印象として語ったところによれば、ハミルトンはボッタスと組んでいるかぎり安心し過ぎるので、ラッセルとのペアに変えれば、より速く走るために自らを駆りたてるはずだと考えているようだ。しかし、トト・ウォルフとメルセデスの別の情報筋はいずれもこの話を「完全な空想」と否定した。ただしその一方で、2022年については一切決まっておらず、ハミルトンの将来のチームメイトについては第12戦ベルギーGPまでに決断するつもりだとも認めた。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号