F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】F1コラム:予測不可能なチャンピオンシップ、これがF1のあるべき姿

2021.08.26

 私はF1を愛している。最初からそう言っておきたいのは、このことを誰にも忘れてほしくないからだ。とは言うものの、過去数年にわたって私たちはF1ファンでいるのが難しい時期を経験してきた。ドライバーズおよびコンストラクターズ選手権で、メルセデスとそのドライバーが7年連続でタイトルを獲得しているのだ。フェラーリのミハエル・シューマッハーや、マクラーレンのアイルトン・セナとアラン・プロスト、ロータスのジム・クラークや、1990年代のウイリアムズの黄金期のことは忘れてほしい。

 メルセデスはF1の歴史で最も成功した時期を過ごしているのだ。メルセデスとハミルトンがチャンピオンになるのが“分かって”いながらシーズンが始まるのが嫌だったときもあった。確かに2016年にはロズベルグがタイトルを獲ったし、ベッテルは2017年と2018年に、性能の劣ったマシンで果敢に挑戦した。私がこれまでのところ2021年がハイブリッド時代における最高の年だと考える理由はこうしたことだ。

 もちろん私は今自分が大げさな言葉を使ったことは分かっている。が、今年見たすべての要素に目を向けると、今年は歴史に残るような非常に特別な年だと感じるのだ。今年は多くの変化やバトル、驚き、優れたレースがあった……そしてシーズンはまだあと半分残っている!12月までの間に何が起きるか考えずにはいられない。だが私が暑いスペインの夏を楽しむ間に、素晴らしかった2021年F1シーズン前半を振り返って楽しみたいと思う。

 まず、目を離せない多くの新しい要素がある。アルピーヌとアストンマーティンはF1のなかでも最もエレガントなカラーリングをまとって、チャンピオンシップに新風をもたらした。そしてフェルナンド・アロンソとセバスチャン・ベッテルという大物たちとのセンセーショナルな契約を締結したのだ。ここのところ、世界選手権の中団チームを観るのは常に面白いものだ。ベッテルは表彰台を獲得した。もし技術規定違反による失格がなかったら、表彰台は2回になるはずだった。アロンソのパフォーマンスは非常に素晴らしいもので、彼は自身のF1シーズン前半をハンガロリンクにおけるルイス・ハミルトンとの印象強い戦いで締めくくった。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号