F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ポルトガル、2年連続のF1開催を断念へ

2021.02.09

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットでの2年連続のレース開催に向けて、2021年のF1カレンダーは5月2日の枠が空いているが、ポルトガルGPがその日程に追加されることはますます難しくなってきた。

 COVID-19パンデミックの第3波がポルトガルを世界のどの国よりも激しく襲ったという事実は、地元のプロモーターの状況を非常に困難なものにしてしまった。彼らはFOMが無観客の場合に要求する1、000万ユーロ(約12億6700万円)の開催権料を集めることができないからだ。

 昨年は29、000人が入場を許されたが、チケット管理システムの運営の不備により不正行為が発生している。何人かが同じバーコードを印刷し、バーコードリーダーを持たない警備員にチケットのみ提示したことで、同じチケットでスタンドに入った者がいたのだ……。その結果、予定よりも多くの人々がレースを観戦し、いくつかのスタンドで大きな集まりができた。ポルトガルではそれまで他のイベントでは観客の入場が許可されていなかったため、国内で厳しい抗議が起きた。

 ポルトガル政府は、同様の状況を回避することに熱心であり、議会の少数派へ肩入れすることへの圧力もあることから、レースに資金を提供しないだろう。またチケット販売からの収入も見込めないので、レース開催に向けた動きを断念しそうだ。そして、チャンピオンシップ開幕のバーレーンには、今年さらにふたつのグランプリを開催するチャンスが与えられることとなる。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号