F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:不振のベッテルがフィルミングデーで問題を調査

2020.08.04

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、チームがマシンの作業にわざと時間をかけているのではないかとする見方を一蹴した。これは、F1第4戦イギリスGPで、メカニックがブレーキペダルの問題修正に取り組んだピット作業の間、2度にわたりタイムをロスしたことにより、残りのレースではシャルル・ルクレールのペースよりも大幅に遅れる結果となったためだ。

 ベッテルは予選でチームメイトのルクレールに0.9秒もの大差を付けられた。さらに、ルクレールが表彰台を獲得した決勝では10位に終わり、「マシンの感触をつかめなかった」と認めた。

「マシンに乗っていてアタックできるという自信が持てなかった。僕が遅かったために、他のマシンにも抜かれてしまったんだ」

 ベッテルは、今週シルバーストンで予定されているフィルミングデーに参加する。使用するタイヤはピレリが用意するもので、競争力のあるタイムを出すには硬すぎるコンパウンドだが、それでもマシンの問題について原因を追求する機会にはできるだろう。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号