F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2021年のF1はテレビ視聴者数が大幅減に

2020.06.23

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・


 F1は、2021年に現在のテレビ視聴者数のうち約25パーセントを失うことになる。ドイツのテレビ局『RTL』がグランプリ放送契約を更新しないと発表し、ドイツ国内での独占放映権を『Sky Deutschland』が獲得したことが、その一因だ。

『RTL』は、1レース平均400万人以上の個人視聴者を有している。一方で有料放送の『Sky Deutschland 』ではF1の視聴者が50万人未満で、この数字は今後も大きく変わらないとみられている。さらに悪いことに、なんと1972年以降のすべてのグランプリを放送してきたブラジルのテレビ局『Globo』が、FOMとの契約を更新しないと発表した。

 これは、1レースあたり1億1500万人という驚くべき数の個人視聴者が失われることを意味する。ブラジルとドイツで全テレビ視聴者の4分の1を占めており、ブラジルでは他に無料放送権に入札するテレビ局が現れる可能性は低いため、全体の視聴者数は激減することになる。また、それによって2020年末までと比べて来年は世界でのF1露出量が大幅に減るため、今後の各チームとスポンサーとの契約交渉にも影響が出ることは避けられない。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号