F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:新型コロナ感染に備え、全チームのリザーブドライバーがスタンバイ

2020.07.01

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・

 F1では、仮にレギュラードライバーのひとりが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した場合でもレースを実施できるように、シーズン開幕からの3戦について、すべてのチームがリザーブドライバーを用意しておくこととなった。

 ストフェル・バンドーン(メルセデス、マクラーレン、レーシングポイント)とセルジオ・セッテ・カマラ(レッドブル、アルファタウリ)は複数チームで登録されているため、招集される確率はもっとも高いといえる。

 一方でルイ・デレトラズ(ハース)については、もうひとりのリザーブであるピエトロ・フィッティパルディが自宅のあるマイアミからヨーロッパに渡航できないために参戦の可能性があるものの、現時点でF1スーパーライセンスの資格を持っておらず、FIA国際自動車連盟による特免が走行への条件となる。

 ロバート・クビサがアルファロメオ・ザウバーのリザーブとして待機している一方で、もうひとりのアントニオ・ジョビナッツィはフェラーリのリザーブも兼ねており、セッテ・カマラと同様、ふたつの可能性を有していることになる。ルノーのリザーブドライバーはセルゲイ・シロトキンになる模様だ。周冠宇もいるが、現在はスーパーライセンスを持っていないため、招集可能かどうかが不透明なためだ。セルゲイは、昨年担っていた役割に復帰することになる。

 最後に、ジャック・エイトケン(ウイリアムズ)も参戦に備えているが、やはりスーパーライセンス条件の特免をFIAから得る必要がある。



※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号