F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2008年F1タイトルに関するマッサの訴訟に、フェラーリ代表は複雑な心境。結果の見直しには否定的

2023年8月24日

 元フェラーリF1ドライバーのフェリペ・マッサが、F1とFIAの当時の対応によって2008年のF1タイトルを逃したという主張のもとで、両者に賠償請求を行う手続きを開始したことについて、フェラーリF1チーム代表フレデリック・バスールが、複雑な心境を語った。


 2008年最終戦ブラジルGP終了後、当時マクラーレンのルイス・ハミルトンに1ポイント差で敗れ、タイトル獲得がかなわなかったマッサは、この年のシンガポールGPの結果が違っていれば、自分がチャンピオンだったと考えている。


 2008年のシンガポールGPで、ルノーF1チーム上層部がフェルナンド・アロンソに好結果を出すチャンスを与えるため、チームメイトのネルソン・ピケJr.に意図的にクラッシュするよう指示した。マッサはトップを走行していたが、クラッシュによるセーフティカー出動時にピットインした際、フェラーリがピットストップ作業でミスを犯し、給油ホースがマシンに接続された状態でマシンをリリース。これによる遅れと、危険なリリースに対するペナルティで、マッサは13位に終わった。

2008年F1シンガポールGP 給油ホースがつながったまま発進したフェリペ・マッサ(フェラーリ)
2008年F1シンガポールGP 給油ホースがつながったまま発進したフェリペ・マッサ(フェラーリ)


 翌年、ルノーの行為について調査が行われ、当時のチーム代表フラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズが事故の計画に関わったとみなされ、処罰が下された。

2008年F1シンガポールGP クラッシュしたネルソン・ピケJr.(ルノー)
2008年F1シンガポールGP クラッシュしたネルソン・ピケJr.(ルノー)


 マッサが15年経った今、訴訟を起こそうとするきっかけとなったのは、今年の春にドイツのウェブサイト『F1-Insider』に掲載された元F1最高責任者バーニー・エクレストンのインタビューだ。記事中で、エクレストンは、自分と当時のFIA会長マックス・モズレーは、ピケのクラッシュは意図的なものであると知っていたが、「F1を守るために」その場で指摘しないことを決めたと示唆、後から思えば、このレースはキャンセルにすべきだったと語っている。ただ、その後、エクレストンは、ロイターの取材に対し、このインタビューについての記憶がないと答えた。


 しかしマッサは、F1とFIAがルノーの行為を知りながら黙っていたために、自分はタイトルを失ったとの主張を行い、F1とFIAに対する損害倍書請求の手続きをスタートした。


 オランダGPを前にした会見において、バスールはこの件について聞かれた際にまず、「このことについては何もコメントしたくない」と述べた。

フレデリック・バスール(フェラーリF1代表)


「私はすべての関係者と良好な関係を築いている。このことは微妙な問題だ」


 ただしバスールは、今から2008年のリザルトを変更するのは良いことではないとの考えを示した。


「確かに極めて例外的な状況だった。だが、フェリペの件ではなく、より一般的な話だが、我々は、FIAに対し、チェッカーフラッグが振られた時点で、そのイベントの結果が分かるようにするよう、働きかけている」


「コメントしたくはないが、(リザルトを変更するのは)おかしいということは間違いない。私は、フラッグが振られた15分後にリザルトが変更されることも好きではないのだから」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号