F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シーズン中の僚友交代も角田裕毅が善戦。ウイリアムズはアルボンが圧倒/2023年F1チームメイト対決

2023年12月29日

 2023年も多くのレースで盛り上がりをみせたF1世界選手権。今回は参戦10チームのなかでシーズン中に繰り広げられたチームメイト対決を振り返る。第1弾はハース、アルファロメオ、アルファタウリ、ウイリアムズの4チームだ。

■ハース:ヒュルケンベルグの安定感が光る

 2023年は、ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンというベテランを擁するも、コンストラクターズランキング最下位に終わってしまったハース。ドライバーふたりの成績を比べると、決勝ではヒュルケンベルグがマグヌッセンを13戦で上回り、最高位はマグヌッセンの10位に対してヒュルケンベルグは7位と、シーズン全体でヒュルケンベルグが上位となった。


 興味深いのは入賞圏内フィニッシュがヒュルケンベルグは第3戦オーストラリアGPの1回に対して、マグヌッセンは第2戦サウジアラビアGP、第5戦マイアミGP、第16戦シンガポールの3回と、シーズン全体で上回っている部分。予選最高位もヒュルケンベルグの5番手に対し、マグヌッセンは4番手と、速さはほぼ互角に感じる。

●ハース 2023年チームメイト対決結果

比較項目:ニコ・ヒュルケンベルグ/ケビン・マグヌッセン
最上位グリッド:5番手/4番手
予選でチームメイトを上回った回数:15回/7回
決勝最高位:7位/10位
決勝でチームメイトを上回った回数:13回/9回
入賞圏内フィニッシュ回数:1回/3回
獲得ポイント:9点/3点
リタイア回数:2回/5回
ドライバーズランキング:16位/19位

ニコ・ヒュルケンベルグ&ケビン・マグヌッセン(ハース)
ニコ・ヒュルケンベルグ&ケビン・マグヌッセン(ハース)

■アルファロメオ:決勝ではボッタスが上位も予選最上位は周

 続いてはコンストラクターズランキング9位のアルファロメオ。2013年F1デビューのバルテリ・ボッタスと、F1参戦2年目の周冠宇では、決勝ではさすがにベテランのボッタスが13戦で周を上回った。


 入賞圏内フィニッシュは4対3の僅差でボッタスが勝利し、決勝最高位はボッタスが8位、周が9位とそこまで大差がついておらず、このあたりはマシン性能なりの成績と感じる。ただ、予選では16対6でボッタスが周を上回るも、最高位は第12戦ハンガリーGPで自己最高位の5番手を獲得した周となっている。

●アルファロメオ 2023年チームメイト対決結果

比較項目:バルテリ・ボッタス/周冠宇
最上位グリッド:7番手/5番手
予選でチームメイトを上回った回数:16回/6回
決勝最高位:8位/9位
決勝でチームメイトを上回った回数:13回/9回
入賞圏内フィニッシュ回数:4回/3回
獲得ポイント:10点/6点
リタイア回数:3回/3回
ドライバーズランキング:15位/18位

バルテリ・ボッタス&周冠宇(アルファロメオ)
バルテリ・ボッタス&周冠宇(アルファロメオ)

■アルファタウリ:シーズン中のチームメイト変更も角田裕毅が善戦

 2023年のスクーデリア・アルファタウリは、日本人ドライバーの角田裕毅こそ全戦を戦ったものの、僚友は3人が務めるという激動のシーズンとなった。まず前半戦チームメイトのニック・デ・フリース対角田では、予選と決勝のすべてで角田が圧勝。デ・フリースはまさかのノーポイントでF1から去ることになった。


 そんなデ・フリースと交代し、第12戦ハンガリーGPからレギュラー復帰を果たしたのがダニエル・リカルド。第14戦オランダGPの骨折で一時離脱するも、復帰後は第20戦メキシコシティGPで7位に入賞し、角田の2023年最高位である8位を上回ったのは、さすが優勝経験者と言えるだろう。


 リカルドの一時離脱に伴い、第14戦オランダGPからシーズン途中でF1デビューを飾ったのが、全日本スーパーフォーミュラ選手権を戦っていたリアム・ローソン。思わぬかたちでのF1初参戦となったローソンは、デビュー3戦目の第16戦シンガポールGPで9位初入賞、2ポイントを獲得している。

●アルファタウリ 2023年チームメイト対決結果

比較項目:角田裕毅/ニック・デ・フリース/リアム・ローソン/ダニエル・リカルド
最上位グリッド:6番手/12番手/10番手/4番手
予選でチームメイトを上回った回数:16回/2回/1回/3回
決勝最高位:8位/12位/9位/7位
決勝でチームメイトを上回った回数:14回/2回/3回/3回
入賞圏内フィニッシュ回数:6回/0回/1回/1回
獲得ポイント:17点/0点/2点/6点
リタイア回数:2回(1DNS)/2回/0回/0回
ドライバーズランキング:14位/22位/20位/17位

ニック・デ・フリース&角田裕毅(アルファタウリ)
ニック・デ・フリース&角田裕毅(アルファタウリ)

リアム・ローソン&角田裕毅(アルファタウリ)
リアム・ローソン&角田裕毅(アルファタウリ)

角田裕毅&ダニエル・リカルド(アルファタウリ)
角田裕毅&ダニエル・リカルド(アルファタウリ)

■ウイリアムズ:予選・決勝ともにアルボンが圧倒

 2022年の最下位から脱出し、2023年はコンストラクターズランキング7位に浮上を果たしたウイリアムズ。チームメイト対決という点では、エースのアレクサンダー・アルボンの大活躍が目立ち、ずべての面でローガン・サージェントを圧倒してみせた。


 特に予選は22戦すべてでアルボンが先行し、決勝は8度の入賞で27ポイントを獲得し、2023年にウイリアムズが得た28ポイントのほぼすべてをひとりで稼いでいる。ルーキーだったサージェントにとってアルボンは強敵かもしれないが、2年目は安定感を身につけ善戦してほしいところだ。

●ウイリアムズ 2023年チームメイト対決結果

比較項目:アレクサンダー・アルボン/ローガン・サージェント
最上位グリッド:4番手/6番手
予選でチームメイトを上回った回数:22回/0回
決勝最高位:7位/10位
決勝でチームメイトを上回った回数:18回/2回
入賞圏内フィニッシュ回数:8回/1回
獲得ポイント:27点/1点
リタイア回数:4回/7回
ドライバーズランキング:13位/21位

ローガン・サージェント&アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
ローガン・サージェント&アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP