F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【2023年F1記事ランキング:下半期編】レース後の結果変更と角田裕毅に大きな注目。ガンダムコラボも上位に

2023年12月28日

 オートスポーツwebでは、2023年も四輪モータースポーツの最高峰であるフォーミュラ1(F1)世界選手権において数多くのニュースをお届けしてきました。先日お届けした上半期編に続き、今回は7〜12月の下半期で読者のみなさまに注目されたF1ニュースのトップ10をご紹介します。

■2023年F1注目記事ランキング 下半期10位〜6位

10位:マクラーレンでF1初ドライブの平川亮「本当に驚いた。やっぱり桁違い」気になる来季は……まさかの三刀流挑戦!?


初のマクラーレンF1テストドライブを行った平川亮
初のマクラーレンF1テストドライブを行った平川亮

 10位は2024年からマクラーレンF1のリザーブドライバーに就任した平川亮へのインタビュー記事です。カタロニア・サーキットでのF1マシン初ドライブの感想など、かなりの饒舌で語る様子は要チェックですよ。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/1007027

9位:「気を失いかけた」「吐き気がした」サウナのような暑さで多数のドライバーが体調不良に陥り、リタイアも/F1第18戦


2023年F1第18戦カタールGP レース後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とアスカー・ピアストリ(マクラーレン)
2023年F1第18戦カタールGP レース後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とアスカー・ピアストリ(マクラーレン)

 続いての9位は、第18戦カタールGPの決勝で発生したドライバーの体調不良問題。カタールGPでは多くのドライバーが高温多湿のコンディションに苦しみ、リタイアやレース後にメディカルセンターに運ばれた人がいました。2024年では再発しないように対処してほしいですね。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/999660

8位:【角田裕毅F1第10戦分析】またも僚友にアタックを妨害された予選。僅差でQ2進出を逃す不完全燃焼な結果に


角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第10戦オーストリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)

 第10戦オーストリアGP予選の角田裕毅(アルファタウリ)分析が8位に登場です。チームメイトのニック・デ・フリースに妨害されたこともありますが、レッドブルリンクは予選でのトラフィックがたびたび問題になっている気がします。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/960649

7位:レッドブルF1のフェルスタッペンがリカルドの貢献を称賛。ペレスの不振に関しては痛烈な言葉


2023年F1イギリスGP マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド、セルジオ・ペレス(レッドブル)
2023年F1イギリスGP マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド、セルジオ・ペレス(レッドブル)

 7位にはハンガリーGPからアルファタウリでのF1復帰が決定したダニエル・リカルドに対するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の記事がランクイン。このときはセルジオ・ペレスが不調気味ということもあり、レッドブルのドライバー人事に注目が集まっていました。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/965163

6位:レッドブルF1、ローソンにアルファタウリの2025年レースシートを確約か


2023年F1第17戦日本GP リアム・ローソン(アルファタウリ)
2023年F1第17戦日本GP リアム・ローソン(アルファタウリ)

 6位にはリカルドの骨折により、急きょF1デビューを飾ったリアム・ローソンが登場です。2023年は全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦し、後半は並行してアルファタウリでF1を戦ったローソン。2024年はレッドブルのリザーブドライバーとなりますが、2025年の昇格はあるのでしょうか。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/996565

■驚きのガンダムとアルファタウリのコラボ。結果変更に注目集まる

5位:F1ラスベガスGPでアルファタウリとガンダムがまさかのパートナーシップ! さまざまなイベントを展開


F1ラスベガスGPで展示されるアルファタウリカラーのRX-78-2ガンダム パーフェクトグレード・アンリーシュドモデル
F1ラスベガスGPで展示されるアルファタウリカラーのRX-78-2ガンダム パーフェクトグレード・アンリーシュドモデル

 ここからは下半期のトップ5をご紹介。まず5位にはラスベガスGP限定のアルファタウリと機動戦士ガンダムのパートナーシップがランクイン。今回はバンダイナムコエンターテインメント・アメリカとの契約ということで一戦限りのコラボになってしまいましたが、2024年はぜひ日本GPでのコラボもお願いしたいところです。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/1012485

4位:【角田裕毅F1第17戦分析】戦略の上の落とし穴とローソンの牽制「あのまま行っていたらクラッシュしていた」


2023年F1第17戦日本GP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第17戦日本GP 角田裕毅(アルファタウリ)

 4位は鈴鹿サーキットでの第17戦日本GPから、角田の決勝レース後分析となりました。母国GPで予選9番手からポイント獲得も期待された角田でしたが、スタート直後からデグナーカーブまでローソンとチームメイトバトルにより12位で終えています。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/994423

3位:降格決定の角田裕毅、僚友のサポートに専念、予選4番手に貢献「悔しさはあるが満足」チームは称賛と感謝/F1第20戦


2023年F1第20戦メキシコシティGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第20戦メキシコシティGP 角田裕毅(アルファタウリ)

 角田は続く3位にもランクインです。第20戦メキシコシティGPではパワーユニット(PU)とギヤボックス交換を行ったため、後方グリッドになることが決定済みの角田。予選ではチームメイトのダニエル・リカルドにトウ(スリップストリーム)を与え、4番手獲得に貢献。その活躍をチームも称賛しました。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/1007861

2位:F1オーストリアGP:レース結果が大幅変更。トラックリミットペナルティが12件追加で、サインツ、ハミルトン、角田らが降格

 2位はオーストリアGPの決勝結果が大幅に変更された記事となりました。レース終了後にトラックリミット違反で8人に追加ペナルティが科されたオーストリアGPの決勝では、暫定リザルト発表後に、8人に対する12件のペナルティが追加されて大混乱となりました。
記事はこちら:https://as-web.jp/f1/961468

1位:ハミルトンがフロア規定違反で失格、2位表彰台を失う。ルクレールの6位も取り消しに。角田が8位に昇格/F1第19戦

 そして2023年F1下半期注目記事の1位は、第19戦アメリカGP決勝後のルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)の失格記事となりました。2023年はレース後の結果変更が多く感じられたシーズンを表すようなランキングになったのではないのでしょうか。
記事はこちら:https://www.as-web.jp/f1/1004927



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP