F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アブダビGP FP2:初日最速はレッドブルのフェルスタッペン。ロングランでも速さを見せる

2022年11月18日

 2022年F1第22戦アブダビGPのフリー走行2回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は15番手だった。


 現地時間午後5時から始まった初日FP2。この時点で気温は31度と依然として高いが、路面温度は37.1度と、3時間前から16度も下がっている。このセッションからフェルスタッペン、カルロス・サインツ(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、ランド・ノリス(マクラーレン)ら8人のレースドライバーが初走行となった。


 走り出しの選択タイヤは、ミディアムとハードが混在。多くのチームがコンパウンドを分けて、早い段階からロングランに入っている。ソフトを履いたドライバーはいない。FP1で1-2を占めたメルセデスは、ラッセルが開始後4分ほどしてコースイン。ルイス・ハミルトンは10分過ぎに、ようやく出て行った。


 開始後17分、この時点で4番手タイムだったフェルスタッペンが真っ先にソフトを履き、1分25秒449のトップタイムを出した。2番手のルクレールは、ミディアムでコンマ6秒落ちだ。フェルスタッペンは1分25秒335までタイムを縮めた。


 セッション折り返し点を過ぎて、ラッセルがフェルスタッペンから0.152秒落ちの2番手。ハミルトンもセクター1最速で続いたが、低速のセクター3でタイムロスして4番手に留まった。


 終了20分前、2セット目のソフトを履いたフェルスタッペンが、1分25秒146まで最速タイムを更新した。ラッセルがミディアムで1分30秒台中盤の周回を重ねていたが、すぐに1分31秒台に低下。「デグラデーションがひどい」と訴えている。ミディアムのロングランは、1分30秒台前半のフェルスタッペンが最速のようだ。


 このセッション最速はフェルスタッペン、2番手ラッセル、3番手ルクレール、4番手ハミルトン、5番手セルジオ・ペレス(レッドブル)、6番手サインツ、7番手エステバン・オコン(アルピーヌ)、8番手アロンソ、9番手ダニエル・リカルド(マクラーレン)、10番手バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)。アルファタウリは角田15番手、ピエール・ガスリー19番手と、やや苦戦している。



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号