F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレスも知らない、フェルスタッペンのチームオーダー無視の理由。F1モナコGPでの故意のクラッシュ説は否定

2022年11月18日

 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGP決勝で、チームオーダーに逆らい、チームメイトのセルジオ・ペレスにポジションを返さなかった理由は、「過去に起きたことに関係がある」と述べるのみで、具体的なことを明かそうとしない。一部メディアは、今年のF1モナコGP予選でのペレスのクラッシュが関係していると推測。フェルスタッペンはペレスが故意にクラッシュして自分の予選を邪魔したと考えていて、協力する気になれなかったという説だが、ペレスはそのクラッシュは単なるミスだったと述べている。


 モナコ予選Q3最後のアタックラップで、ペレスはポルティエ・コーナーでコントロールを失い、リヤからコーナーアウト側のバリアにヒットしてストップ。すぐ後ろを走行していて避けられなかったカルロス・サインツ(フェラーリ)がペレスのマシンにクラッシュし、コースを塞ぐ形で止まった。そのため、その後ろを走っていたフェルスタッペンはアタックできずに終わった。3番グリッドを獲得したペレスは優勝、4番グリッドスタートのフェルスタッペンは3位でフィニッシュした。

2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝
2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝

 ブラジルGPでレッドブルは、ペレスとシャルル・ルクレール(フェラーリ)とのランキング2位争いを考慮し、フェルスタッペンをペレスの前に出して、ルクレールにアタックさせることにした。オーバーテイクできない場合は、最終ラップでペレスにポジションを戻させるという意図だったが、フェルスタッペンは順位を上げられなかったにもかかわらず、ペレスの後ろに下がることを拒否した。なぜそのような行動を取ったのかを聞かれたフェルスタッペンは、「過去に起きたことに関係がある」とだけ述べた。


 フェルスタッペンの行動に批判が集まるなか、レッドブルはアブダビGP直前の11月17日に声明を発表、チームはレース前にフェルスタッペンに順位入れ替えのケースについて確認を取っておらず、チームのミスであり、フェルスタッペンの説明を受け入れると述べた。この説明については今後も明らかにするつもりはないということだ。


 今年のモナコGP予選で故意にクラッシュしたのかとメディアから尋ねられたペレスは、その説を否定した。

セルジオ・ペレス(レッドブル)
セルジオ・ペレス(レッドブル)

「モナコでは誰だってミスをする。ターン1の時点であやうくクラッシュするところだった。予選ではいろいろな場所でミスが出るんだ。故意にやるとかそういうことではない」


「あのラップを見直してみるといい。ターン1の時点でクラッシュしかけている。あの時、全力でプッシュしていた。Q3最後のランだったからね」


 ペレスがチームに対して故意にクラッシュしたと認めたようだという報道まであるが、これについて彼は「そのうわさは間違っている」と否定したと、ロイターが伝えた。


 ペレスはまた、フェルスタッペンの言う「過去に起きたこと」が何なのか、自分は知らないと述べている。


「モナコのことなのか、他のことなのか、それを話すのは彼自身だ。その問題がいつから存在していたのか、僕は知らない。それについて話をしていないからね」


「僕たちが話したのは、ブラジルで起きたことについてだ。すべてのシナリオ、チームとしてのすべてのミス、レースへの準備が十分にできていなかったことなどについて、分析した」


 ペレスは、ブラジルの件についてはチーム内で解決しており、前に進むだけだと述べた。


「今までどおり、強く、団結したチームであり続ける。それがチームにとっての優先事項だ。このことはすべて過去のことにして、前に進みたい」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編