F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ密着:新ターボでも発生した燃費問題、アロンソは折れずに意地の11位

2016年6月13日

「がっかりですね」
 レース後の長谷川祐介総責任者は、そう言って、1ポイントも取ることができずに終わったカナダGPを振り返り始めた。

 まず、ジェンソン・バトンのリタイアについてだ。
「まだクルマを見ていないのでわかりませんが、駆動系のデータがおかしかったので、おそらくギアボックストラブルではないかと思われます。少なくともエンジンは大丈夫で、(パワーユニット側の)油圧も正常な数値でした」

 入賞を目指して11番手を走行中にリタイアとなったバトン。このパワーユニットは金曜日のフリー走行2回目から搭載された、今回が5レース目のICEだったが、レースではわずか9周しか走ってないことから、次戦バクーで行われるヨーロッパGP以降の金曜日エンジンとなる。

 一方、チームメートのフェルナンド・アロンソも、序盤から厳しいレースが強いられた。それは燃費との戦いだった。ストレートをシケインとヘアピンでつないだレイアウトのモントリオールは、アクセルのオン・オフが激しく、燃費に厳しいサーキットとして知られている。

 しかし、今回ホンダは2トークンを使用し、ターボを改良して、MGU-Hで発生させる回生エネルギーをこれまでよりも長い時間使えるようになっていた。デプロイが増えれば、燃費が良くなるはずである。





レース

4/19(金) フリー走行 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
4/20(土) スプリント 結果 / レポート
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP