F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

周冠宇「最高速でウイリアムズに敵わず、追い抜ける距離まで差を詰められなかった」:キック・ザウバー F1第6戦決勝

2024年5月7日

 2024年F1第6戦マイアミGPの決勝レースが行われ、キック・ザウバーの周冠宇は14位、バルテリ・ボッタスは16位でレースを終えた。


■周冠宇(ステークF1チーム・キック・ザウバー)
決勝=14位(57周/57周)
19番グリッド/タイヤ:ミディアム→ソフト

周冠宇(キック・ザウバー)
2024年F1第6戦マイアミGP 周冠宇(キック・ザウバー)


 できることはすべて試した。昨日のスプリントセッションと同様に、かなりタフなレースだった。最初のスティントは良かったのに、残念ながらアレックス(・アルボン)の背後から抜け出せなかったんだ。コーナリングスピードのアドバンテージを活かすことができても、トップスピードでは彼のウイリアムズに敵わなくて、こっちがDRSを得ていても、オーバーテイクができる距離までギャップを詰めきれなかった。


 これからもハードワークを続けるよ。一部のライバルとは違って、僕らは過去2レースで大きなアップデートを入れていない。でも、チームは多大な努力を続けていて、イモラで導入が始まる次の一連の開発部品が、期待どおりのパフォーマンスを発揮するはずだ。そうなればポイントを争えると思っているから、前向きな気持は変わらないよ。


■バルテリ・ボッタス(ステークF1チーム・キック・ザウバー)
決勝=16位(57周/57周)
16番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ミディアム

バルテリ・ボッタス(キック・ザウバー)
2024年F1第6戦マイアミGP バルテリ・ボッタス(キック・ザウバー)


 今日のスタート位置を考えれば、戦略面で少し違うことを試すのはいいことだったと思う。ただ、残念なことに、セーフティカーのタイミングが僕らにとってはあまり良くなかった。予想していたようなペースが発揮できず、結果としてフィールドの中で順位を上げていくためにできることは、それほど多くはなかった。


 それでも、この週末にはたくさんのことを学んだ。2週間後にはコースレイアウトがまったく違うイモラで、また挑戦する機会がある。イモラではいくつか新しいパーツも投入される予定で、それも僕らの助けになるはずだ。この週末も見られたように、僕らがいるあたりのバトルはものすごくタイトで、ほんのわずかなマージンでも結果が大きく変わる可能性があるからね。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号