F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「週末を通じてグリップ不足。チームに加入して以来最も困難なレースのひとつ」:ウイリアムズ F1第6戦決勝

2024年5月7日

 2024年F1第6戦マイアミGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは18位、ローガン・サージェントはケビン・マグヌッセン(ハース)との接触によりリタイアでレースを終えた。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=18位(57周/57周)
14番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ソフト

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第6戦マイアミGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)


 週末を通じて、ずっとグリップ不足で苦しみ、ロングランを試みたものの、使ったタイヤが機能しなかった。このチームに来て以来、一番困難なレースのひとつだったように思う。課題として持ち帰って、なぜこれほど難しかったのか理解する必要がある。


 実際のところ、ペースはそれほど悪くはなかった。けれども、僕の後方にいたドライバーは、みんな新しいタイヤを履いていて、みんなにとって僕が壁になっていた。そして、自分より20周以上もタイヤが新しいクルマが相手では、さすがに抑え続けることはできなかった。


 終盤にはポジションを守ろうとしてロックアップしてしまった。フィニッシュ後に分かったことだが、いくつか前のコーナーでフロアを傷めていたのが原因だったようだ。


 本当にタフな週末だった。でも、次のイモラに期待している。チームが小さなアップグレードをいくつか持ち込む予定だからね。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(27周/57周)
17番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第6戦マイアミGP ケビン・マグヌッセン(ハース)と接触し、ウォールにクラッシュしたローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 とても残念な形でホームグランプリを終えることになった。あのアクシデントが起きるまでは、まずまずのレースだったんだ。


 僕に言えるのは、アレックス(・アルボン)も僕もややペースに欠けるところはあったものの、戦えてはいたということだ。それでも、FP1でクルマに乗り込んだ時から、ポジティブな週末だった。


 とても多くの収穫があった。まだ細かい部分で改善の余地はあるけど、全体としてこの週末にやり残したことはあまりないと思う。僕自身の気分は上々で、ヨーロッパラウンドのレースに臨む準備はできている。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
7/21(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号