F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハンガリーに新サーキット『バラトンパーク』がオープン。FIAグレード1ライセンスの対象で、FIMの規則にも準拠

2023年5月18日

 ハンガリーの首都ブダペストの南西87kmに位置する新コース『バラトンパーク・サーキット』が、正式にオープンした。専用のロードコースはハンガリーのバラトン湖のリゾート地に隣接しており、変則的な反時計回りのコースに16カ所のコーナーが展開されている。


 経営陣は“中央ヨーロッパで15年以上の間に建設されたコースのなかでも、FIAの最高水準にあるレーストラック”と評している。今週の記者発表会でコースを試走した元F1ドライバーで3度のグランプリ優勝経験を持つジャンカルロ・フィジケラは、コースに太鼓判を押した。


「初めてバラトンパーク・サーキットを走行したが、その特徴に感心した」とフィジケラは語った。


「このコースにはすべてがそろっている。高速コーナー、難しいヘアピン、クールなシケインがスリリングに組み合わされている。流れがいいコースで、レースのフィーリングは素晴らしい」


「最初のコーナーとバックストレートの最後は、絶好のオーバーテイクのスポットだ。全体としてバラトンパークを走行するのは非常に楽しい」


 バラトンパークはFIAのグレード1基準を満たすべく細部まで設計されており、常設の客席は1万人の観客を収容できる。さらに、会場には6桁の観客を収容できる仮設のグランドスタンドもあり、大規模なイベントにも柔軟に対応できる。


 またFIAグレード2ライセンスの申請が提出されているものの、このコースはFIAグレード1ライセンスの対象であり、ハイレベルな四輪および二輪レース双方に向けたFIMのレギュレーションにも準拠している。


 サーキットのオープンにあたり、ポルシェのスポーツカー75周年を記念した“ポルシェ・オン・トラック”という2週間のドライビングプログラムが開催される予定だ。その後は6月10日に“フェスティバル・オブ・ドリームス”が開催され、コースでスリル満点のアクティビティやエンターテインメントを体験できる。


 なお、ハンガリーの歴史的なF1サーキットであるブダペスト近郊のハンガロリンクは、2027年までの契約を結んでいる。

2022年F1第13戦ハンガリーGP ハンガロリンク
F1ハンガリーGPの舞台となるハンガロリンク



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP