F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1に上級スタッフ離脱のうわさが絶えず。バスール代表は「わずか1戦で標的にする」メディアを批判

2023年3月15日

 2023年F1開幕戦バーレーンGPを不本意な結果で終えたフェラーリについて、チーム内でさまざまな混乱が生じていると報道されたことに対し、フェラーリのチーム代表フレデリック・バスールが反論を行った。


 2022年にランキング2位となり、今年こそタイトルをつかみたいフェラーリだが、開幕戦ではSF-23はレッドブルRB19と戦えるだけの速さを発揮できなかった。カルロス・サインツは4位に終わり、シャルル・ルクレールはパワーユニット関連のトラブルでリタイアした。


 さらに、開幕戦直後、ビークルコンセプト責任者を務めたデイビッド・サンチェスが辞職したことが明らかになった。イタリアのメディアは、さらに何人かの上級スタッフがスクーデリア・フェラーリから離脱する可能性があると報じた。スポーティングディレクターのローレン・メキースはアルピーヌとFOMからオファーを受けており、エンジン部門の責任者エンリコ・グアルティエリはチームを離れることを考えているというのだ。

2023年F1第1戦バーレーンGP フレデリック・バスール(フェラーリF1チーム代表)とローレン・メキース(フェラーリ・スポーティングディレクター)
2023年F1第1戦バーレーンGP フレデリック・バスール(フェラーリF1チーム代表)とローレン・メキース(フェラーリ・スポーティングディレクター)

 また、フェラーリ社CEOのベネデット・ビーニャは、元チーム代表マッティア・ビノットが担っていたマネジメントおよびコミュニケーション分野の一部責任を引き継ぎ、バスールは当初考えていたほどの権限を与えられていないとの報道もなされた。一方、ルクレールがフェラーリ会長ジョン・エルカーンへの1対1のミーティングを求めたとのうわさも持ち上がっている。


 バスールは、フランスの『Auto Hebdo』のインタビューのなかで、こういった報道についてコメントした。


「たった1戦しか終えていないのに、なぜチームが標的になるのか、私には理解しがたい」とバスールは『Auto Hebdo』のジャン−ミシェル・デスヌーに語った。


「シミュレーションとコース上のパフォーマンスの相関関係に関しては、一致している。だからこそ、皆に対して、パフォーマンスに集中し、信頼性の問題に対する解決法を見つけるよう頼んだ。チャンピオンシップは長いのだ」


「開幕戦で勝てなかったからといって、戦いから外れたことにはならない。バーレーンはある意味では悪かったが、良い面もあった」

2023年F1第1戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 チーム代表として任される権限が約束されていたほど大きくなかったという報道についてバスールは、「私は、他の場所で得たことのない決定権と手段を持っている。それが現状だ」として、否定した。


 サンチェスが離脱し、他の者もそれに続くのではないかといううわさに関しては、チーム代表が交代した後にある程度スタッフに動きがあるのは仕方がないとバスールは述べている。


「それは避けられないことだ。マッティアと非常に親しかった人間のなかに、去りたいと思う者もいる。私はそれを気にしない。自分の将来について一時懸念を持っていたスタッフもいたかもしれない」


 ルクレールがエルカーン会長と直接会談することを求めたという説については、ビノットは、フェラーリの上層部がドライバーと話をする機会は定期的に設けられていると説明した。


「我々は冬季テストの後、ドライバー、エルカーン、ビーニャと話をした。イモラの後でまた話をする予定だ。そういったミーティングは計画されたものだ」


 その後、イタリアメディアは、メキースは少なくとも今シーズン中はフェラーリにとどまる見通しだと伝えた。一方、空力責任者のディエゴ・トンディがサンチェスが抜けた穴を埋め、レッドブルから移籍したエンジニアたちに支えられて車体部門を率いていくともいわれている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP