F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説:バーレーンGP(2)新ウイング導入も苦しんだメルセデス。特殊な環境で発揮されたアストンマーティンの速さ

2023年3月15日

 2023年F1第1戦バーレーンGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察し、印象に残った点などについて解説。第1回「車体特性が逆転し、苦しんだフェラーリと強さを増したレッドブル」 に続く今回は、開幕戦で苦戦したメルセデスと、3位表彰台を獲得したアストンマーティンの速さを分析する。


────────────────────────────────

■去年以上に苦しんだメルセデス

 バーレーンで、跳ね馬以上に苦しんだのがメルセデスだった。予選でのメルセデスW14は去年型よりわずかに速かったが(2022年がポールシッターから0.680秒遅れだったのに対し、0.632秒差だった)、決勝では大きくタイムを失った。今年のルイス・ハミルトンは、勝者マックス・フェルスタッペンから50秒以上遅れての5位が精一杯だったのだ(1年前は勝者シャルル・ルクレールから9秒差の3位だったが、これはレッドブル2台のダブルリタイアのおかげでもあった)。


 木曜日にぎりぎり間に合った、ミディアムダウンフォース仕様の新しいスプーン型リヤウイングは、予選ではメルセデスを助けたかもしれない。しかしレースでは逆にタイヤのデグラデーションに拍車をかけてしまった。

メルセデスW14リヤウイング比較(上がバーレーンGP版のミディアムダウンフォース仕様)
メルセデスW14リヤウイング比較(上がバーレーンGP版のミディアムダウンフォース仕様)

■アストンマーティンAMR23の真価はまだ不明

 下の写真で示す極小ウイングレットのような空力トリックに満ちたアストンマーティンAMR23は、メルセデスに対するアンチテーゼと言えるだろう。ただしフェルナンド・アロンソは予選ではポールポジションから0.628秒落ちだった。Q3でのアタックが1周だけだったとはいえ、フェルスタッペンとのタイム差はかなり大きい。トップスピードも総合10位と、イマイチだった。



アストンマーティンAMR23リヤブレーキダクト内側のウイングレット詳細
アストンマーティンAMR23リヤブレーキダクト内側のウイングレット詳細

 一方でコーナーからの立ち上がりは、圧倒的に速い。メルセデスの再加速が遅かったとはいえ、ジョージ・ラッセルのメルセデス後部にアロンソが接触したのは、アストンマーティンの加速の凄さが大きな理由だったと言っていい。


 さらにアロンソが先行車を次々に抜き去るアグレッシブな運転を続けたにもかかわらず、タイヤの摩耗は非常に少なかった。今季のアストンマーティンは多くのダウンフォースを生み出し、一方でドラッグは少し大きすぎることがわかる。


 トップスピードに劣るマシンを駆るアロンソは、ターン1やターン4でオーバーテイクすることができない。そのため通常なら不可能な、ターン10と11でルイス・ハミルトンとカルロス・サインツを追い抜くという離れ業を見せた。


アストンマーティンAMR23リヤウイングのエンドプレート詳細
アストンマーティンAMR23リヤウイングのエンドプレート詳細

 ただし今回のアストンマーティンの速さは、アロンソが以下に言及しているように、バーレーンサーキットというある意味特殊なコースで成し遂げられたものであることを認識する必要がある。一般的なサーキットよりかなり大きいタイヤ劣化、ほとんど高速コーナーのないストップ&ゴーレイアウトなどなど。それらの条件がプラスに働いたことは、圧勝したレッドブルにも言えることだ。


「ここでの僕らの強さは、おそらく次戦サウジやオーストラリアでは再現されないコンディションの下で達成された。でももしそこでも強ければ、2023年シーズンは素晴らしいものになるはずだよ」


 アストンマーティンのマシンのポテンシャルを知るには、よりオーソドックスな他のサーキットを待つ必要があるだろう。しかし長く中団にいた元フォース・インディアのチームの大躍進は、本当に尊敬に値するものだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

4/19(金) フリー走行 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP