F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

3分で読むF1ココだけの話:2023年の2戦のみ試験的に導入される改訂予選フォーマット

2023年1月24日

 新世代マシンの導入で接近戦が増え、大いに盛り上がった2022年シーズン。2023年は新しいフォーマットで行われる予選でこれまでにない戦いが繰り広げられるかもしれない。

 2021年にスプリント予選を導入したF1は、多くのファンからの支持を受け、2022年は「スプリント」と改称して、ポイント付与も上位3人から8人へと拡大。さらに2023年からはこれまでの3イベントから一気に2倍に増やして、6つのグランプリでスプリント・フォーマットを実施する。スプリント・フォーマットの週末にで獲得できる最大のポイントは34点(レース優勝25点+ファステストラップ1点+スプリント優勝8点)。これが6グランプリに増えたことで、スプリントがチャンピオンシップ争いに与える影響はさらに大きくなる。

 2023年はスプリント以外にも、土曜日の予選に注目が集まっている。それは「改訂された予選フォーマット」だ。この改訂された予選フォーマット、まだ実施するグランプリは未確定だが、2023年シーズンの最大2グランプリで行われると発表されている。

 予選の60分間を3つのピリオドに分け、Q1とQ2で下位5名が脱落し、Q3は残ったトップ10のドライバーでタイムアタック合戦が行われるという基本的なフォーマットはこれまで同様だが、そこで使用できるタイヤにいくつかの制限が加えられる。改訂された予選フォーマットでは各ピリオドで使用するタイヤのコンパウンドがあらかじめ決められている。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP