F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、“F1キャリアの異なる段階”にいるハミルトンとは衝突しないと主張「僕たちは時間が経つごとに親密になる」

2023年1月25日

 ジョージ・ラッセルは、2023年にたとえメルセデスが勝てるようになって、ふたたびドライバーたちがレース優勝とタイトル争いに加わるようになっても、チームメイトのルイス・ハミルトンと衝突するリスクはないと主張している。


「もし僕たちの関係が崩れ始めたらチームに影響が出て、最終的には一巡して僕たちに影響することになる」と先月ラッセルは語った。


 ラッセルは、グリッド後方のウイリアムズで長い修行期間を経て、2022年の初めにようやくメルセデスに加入した。しかしながらW13はポーパシングを含むさまざまなパフォーマンス上のトラブルを起こし、問題があることが判明した。そしてそれは、8年連続でコンストラクターズチャンピオンとなったメルセデスの覇権の終わりを意味していた。シーズン全体を通して唯一の優勝は、ブラジルGPでのラッセルのキャリア初優勝だけだった。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第21戦ブラジルGP 81戦目でキャリア初優勝を飾ったジョージ・ラッセル(メルセデス)


 ハミルトンはシーズン序盤の大半を“抜本的な”開発作業に費やしたが、ラッセルはトップ5入りを続けるという目覚ましい成績を収めることができ、ドライバーズ選手権でハミルトンを上回ることになった。


「すべてのコースに多くのテストアイテムを持ち込んだ」と、その時期のことを振り返ってラッセルは説明した。


「それは主要な開発パーツで、常に交互に変えられた。ある週はルイスに、ある週は僕に、週ごとに変えていた」


「開発アイテムがあると、レースウイークは混乱する。だからいつも公平になるように、チームは常にある週はルイスに、ある週は僕に開発アイテムを使う」


 ラッセルはウイリアムズで標準に満たないマシンへの対処に慣れていたが、ハミルトンはメルセデスでの過去のシーズンから純粋な完璧さを求めていたので、ラッセルの方がいい結果を出せたのではないかと推測する向きもある。


「1年の初めに、ルイスがさらに抜本的なセットアップ変更をマシンの限られた範囲で行っていたのは確かだ。ただそれは、僕はより満足できていて、彼は自分に合ったセットアップを見つけようとしていたからだ」

2022年F1第3戦オーストラリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第3戦オーストラリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 しかし2023年シーズン、ふたりのドライバーは、初めからレッドブルとフェラーリのライバルたちとの戦いに完全復帰するものと期待されている。また、それにより必然的に、彼らはメルセデスにおける勝者となることを目指して互いに競い合うことになる。ラッセルは、これは双方のドライバーにとって新たな力関係になると主張しているが、2016年にハミルトンが当時のチームメイトのニコ・ロズベルグとの間で経験したような、露骨な反発感情が戻ってくることにはならないという。


 ラッセルはクリスマス前の時点で、「1位と2位を争うのなら、当然力関係はわずかに変わるだろうけれど、それは自然なことだ」とメディアに話した。


「互いに敬意を払う必要がある。僕たちのいる状況は、僕たちがキャリアのまったく異なる段階にいるということだ」


「僕たちは互いに敬意を払っていたと思う。チーム全体においてその重要性は認識されている」


 ラッセルは、昨シーズンのメキシコGPでのオープニングラップが、彼とハミルトンが物事をだめにすることなく互いに挑戦できた例だと指摘した。


「こうしたことを積み重ねていけると思うし、それどころか僕たちの関係は時間が経つごとに親密になっていくかもしれない。僕たちは本当にそういう関係でいると感じているんだ」


「1-2フィニッシュができるマシンがあれば、僕たちはチームがそれを達成するのにともに協力して貢献したのだと、大きな誇りを持つことだろう」

ジョージ・ラッセル&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第21戦ブラジルGP決勝 優勝ジョージ・ラッセル&2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編