F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1代表、2022年型マシン開発終了の理由は「制限内の予算を使い終わった」からだと説明

2022年11月16日

 フェラーリは、2022年型マシン『F1-75』の開発を中止せざるを得なかったのは、2023年型マシンに開発を切り替えるためではなく、単に資金が尽きたからだと明らかにした。


 フェラーリの2022年型マシンは、当初はライバルのレッドブルよりも優れており、シーズン序盤ではリードを保っていた。しかしいくつかの戦略上の失敗やミスが、フェラーリの成績に影響を及ぼした。


 だが夏が過ぎ、シーズンが展開していくうちに、フェラーリは支出額が制限の1億4000万ドル(約202億円)に近づいたため、開発プログラムをレッドブルよりもはるかに早く縮小することを余儀なくされた。


「これは選択したことではない。我々は単に制限内の予算を使い終わったのだ」とフェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、先週末にサンパウロで説明した。


「我々は予算制限に達したので、マシン開発の機会はもうない。今の状態で続けていく」


 ビノットは、チームが資金の枯渇により特に新パーツの開発生産を中止したからといって、来年のマシンの研究を縮小したわけではないと明らかにした。


「もちろん来年のマシン開発を妥協してはいない」とビノットは語った。


「だが現在のマシンについては開発を中止することを決めた。なぜなら現行マシンの通常の開発に加え、コースに持ち込むパーツの生産が必要になるからだ」


「そうするには支出することができない余分のコストがかかる」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第21戦ブラジルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 フェラーリのアップデート不足は、レッドブルやメルセデスと比較すると、2022年シーズン後半のパフォーマンスに必然的に影響を及ぼした。メルセデスのパフォーマンスはこの数戦で上昇傾向にある。メルセデスのブラジルでの強さと、ジョージ・ラッセルの優勝は、ビノットにとって驚きではなかった。


「驚くことはなかった。彼らはブラジルで速かったと思う」


「予想外ではない。この数戦を見てみれば、彼らは異なるタイヤ選択をしていたら、すでにレースで優勝していたかもしれない。彼らが勝てなかったのは、単にタイヤ選択が適切ではなかったからだと考えている」


「直近の数戦では彼らのマシンは最速だったので、ブラジルに来ても驚くことはなかった。彼らはオースティンで新たな空力パッケージを投入した。それはうまく機能したし、彼らはそれを活かしていると思う」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第21戦ブラジルGP 優勝ジョージ・ラッセル(メルセデス)、2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位カルロス・サインツ(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP