F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アブダビテストでガスリーがアルピーヌ、ピアストリがマクラーレンでのキャリアをスタート

2022年11月16日

 2022年F1最終戦アブダビGP後に、ピエール・ガスリーはアルファタウリに別れを告げ、直後にヤス・マリーナで行われる公式テストで、アルピーヌのドライバーとしてのデビューを果たす。また、アルピーヌから離れ、2023年にマクラーレンからF1に初参戦することが決まっているオスカー・ピアストリは、同チームからテストに参加することが決まった。


 アブダビGP後の火曜、ピレリの2023年用F1タイヤテストが実施される。さらに若手ドライバーに経験を積ませるための機会も設けられ、チームはそれぞれルーキードライバーを起用する。


 レッドブルF1ファミリーと5年以上の年月を過ごしたガスリーは、アルピーヌでグランプリドライバーとしての人生の新たな章を開く。キャリアを次のレベルへ引き上げるために彼が望んだ大きな転機であり、その旅路の始まりが、このアブダビテストということになる。

アルピーヌF1チームが2023年のピエール・ガスリー加入を発表(左からアルピーヌのCEOローラン・ロッシ、エステバン・オコン、ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チーム代表オットマー・サフナウアー)
アルピーヌF1チームが2023年のピエール・ガスリー加入を発表(左からアルピーヌのCEOローラン・ロッシ、エステバン・オコン、ピエール・ガスリー、アルピーヌF1チーム代表オットマー・サフナウアー)

 アルピーヌは、タイヤテストにガスリーを起用、ルーキー枠でジュニアドライバーのジャック・ドゥーハンを走らせる予定だ。


 アルピーヌのジュニアドライバーでリザーブドライバーのピアストリは、チームが2023年にレギュラードライバーに昇格させると決定したものの、マクラーレンへの移籍を決断。契約問題でトラブルになった後、契約承認委員会によりマクラーレン加入が認められたものの、事の経緯から、アルピーヌは早期に彼を契約から解放することはないものと思われていた。しかしマクラーレンとの間で話し合いを行った結果、アルピーヌは今年のうちにピアストリがマクラーレンで走る許可を出した。ピアストリはすでに11月にポール・リカールでマクラーレンの旧型車でプライベートテストを済ませ、最終戦後にはマクラーレンに合流、アブダビテストで2022年型マシンを走らせる。

オスカー・ピアストリ
オスカー・ピアストリ


 アブダビテストでは、ガスリー、ピアストリに加え、2023年にアルファタウリから初のF1フルシーズン参戦を果たすニック・デ・フリース、アルピーヌからアストンマーティンに移籍するフェルナンド・アロンソも、新たなチームでの仕事を開始するものと考えられている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号