F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ「ハミルトンの7冠よりフェルスタッペンの2冠の方が価値がある」と発言、事態の収拾に追われる

2022年11月7日

 マックス・フェルスタッペンが達成した2回のF1タイトル獲得の方が、ルイス・ハミルトンの7度のタイトルよりも価値があると示唆したフェルナンド・アロンソに対して、ハミルトンがSNSを通して反応した。アロンソは自身の発言の影響を見て、事態の収拾に当たった。


 フェルスタッペンは2021年と2022年のF1ドライバーズタイトルを獲得、アロンソと並び、2度のF1世界王者になった。そのことについてコメントを求められたアロンソは、フェルスタッペンが頂点に立ったシーズンは、ハミルトンが王座に就いたシーズンに比べて、はるかに競争が激しかったと指摘、より価値があるとの考えを示した。


「ルイスを大いにリスペクトしているが、彼が7度の世界王者になった時、競争相手はチームメイトだけだった」とアロンソは『De Telegraaf』紙に語った。


「そのことを思うと、たとえ回数は少なくても、自分と対等か、それ以上の性能のマシンに乗った(他チームの)ドライバーと競って手にしたタイトルの方が、価値があるように思える」

2022年F1第18戦日本GP 決勝後のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第18戦日本GP 決勝後のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 ハミルトンはこのコメントを見過ごさず、ツイッターにある画像を投稿した。2007年に自分が表彰台の頂点に立った時の画像だ。ハミルトンの横にはアロンソが控える。当時ふたりはマクラーレンのチームメイト同士だった。ハミルトンはこの画像に言葉は添えなかった。しかし、いろいろと示唆に富むサムズアップの絵文字が付け加えてあった。


 称賛するファングループもあったものの、SNSで激しく叩かれたアロンソは、ツイッターに投稿をして事態の収拾に努めた。


「落ち着いてほしい。あらゆるタイトルはすべて素晴らしく、価値があり、輝いている。互いに比べることはできない。素晴らしいチャンピオンたち、レジェンドたちと時代を共有できることを喜ぼう」とアロンソは書いた。


「見出しを検索し続けるのは疲れた。争うよりも楽しもう」


 その後、投稿の真意を求められたアロンソは、自分の話の意図をはっきりさせ、SNS上で対立している彼のファンとハミルトンのファンの間の緊張を和らげたかったのだと付け加えた。


「それについては皆で協力する必要がある」とアロンソは語った。「ファンが対立するのを止める必要がある」


「僕たちはみな仲間だ。皆偉大なチャンピオンであり、偉大なスポーツマンだ。同じ時代を生きている喜びを分かち合おう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/5
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編