F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「結果には心から満足。クリーンエアで走るためにチームがいい仕事をしてくれた」:ウイリアムズ F1第20戦決勝

2022年11月1日

 2022年F1第20戦メキシコGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは12位、ニコラス・ラティフィは18位でレースを終えた。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=12位

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2022年F1第20戦メキシコGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 率直に言って、今日の結果に心から満足している。金曜の状態と比べれば、ペースもかなり良いように思えた。


 スタートはトリッキーで、19番手まで落ちてしまった。その後、リタイアもあったとはいえ、こちらも何台か抜いてくることができたので、僕らとしてはいいレースだったと思う。


 今日は熱の管理が大事なレースだった。ダーティエアによってブレーキの温度が上がりがちになるし、そうするとタイヤも熱くなってしまう。戦略を用いてクリーンエアで走れるギャップを見つけることに関して、チームがいい仕事をしてくれた。本当に僅差の争いになり、ポジティブなことを数多く持ち帰れてうれしいよ。


 このクルマの弱点の解消という面でも、確実に進歩していると感じる。僕らが苦手とするタイプのサーキットでも、クルマのセットアップをしっかり決めて、周囲のチームと戦うことができたからね。


■ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=18位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2022年F1第20戦メキシコGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 レース序盤にクルマにダメージを負い、それはチームも確認していた。最初のうちは、それほど大きな影響はなさそうだったのだが、レースが進むにつれてペースが悪化していった。具体的にどこがどう壊れていたのかは、これから確かめる必要がある。いずれにせよ、残念ながら今日の僕のペースでは勝負にならなかった。終盤に新品のソフトタイヤを履いても、使い込んだソフトを履くドライバーたちより、2秒も3秒も遅いほどだったからね。


 全体としては、長く孤独なレースだった。ブラジルでは、もっといい戦いができるように努めるつもりだ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編