F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリーに再びペナルティ、出場停止の危機が高まる「自分が危険な走りをしていたとは思わない」/F1第20戦

2022年11月1日

 2022年F1メキシコGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは11位でフィニッシュ、入賞には届かなかった。レース序盤、ガスリーは、ターン4でランス・ストロール(アストンマーティン)をオーバーテイクする際に、ロックアップし、コーナー出口でコースから外れながら前に出た。スチュワードは、ガスリーは「コースを離れてアドバンテージを得た」と判断、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科した。


 ガスリーのペナルティポイントは、12カ月間で合計10点に達した。ペナルティポイントが12カ月間で12ポイントに達すると、自動的に1戦出場停止になる。ポイントは12カ月維持され、科されてから12カ月たつと消滅していくが、ガスリーの場合、2023年5月までペナルティポイントの消滅はない。

2022年F1第20戦メキシコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)とランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第20戦メキシコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)とランス・ストロール(アストンマーティン)

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=11位
14番グリッド/タイヤ:ミディアム→ソフト


 本当に残念だ。でも14番グリッドからのスタートだと厳しいレースになることは分かっていた。今日は全力を尽くした。もう少しでトップ10圏内でフィニッシュできそうだった。あと1周あればトップ10に入れたと思う。


 メキシコの雰囲気はいつもながら素晴らしかった。でもノーポイントでここを離れなければならないことが残念だ。


(ペナルティポイントについて語り)この12カ月に自分が危険な行為をしてきたとは思わない。セーフティカーとの距離を少し取り過ぎたとか、何度かトラックリミットを超えたとか、そういうことで出場停止になるのだとしたら残念だ。僕たちもスチュワードも、それは厳しすぎるという点で意見が一致している。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/5
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編