F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル予選2番手「ミスをしてポールを逃した自分を責めている」メルセデス/F1第20戦

2022年10月30日

 2022年F1メキシコGPの土曜予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルは2番手を獲得した。Q3最初のランで1分18秒079をマーク、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に続く暫定2番手に。2回目最後のランでは、フェルスタッペンがさらにタイムを削った一方で、ラッセルはセクター2で全体ベストを出しながら自己ベストを更新していたが、ターン12でロックアップ、トラックリミットに違反したことでラップタイムを抹消された。これにより最初のタイムが予選タイムとなり、フェルスタッペンとは0.304秒差の2番手となった。


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 1番手(1分18秒399:ソフトタイヤ/22周)
予選 2番手(Q1=6番手1分19秒583:ソフトタイヤ/Q2=3番手1分18秒565:ソフトタイヤ/Q3=2番手1分18秒079:ソフトタイヤ)

2022年F1第20戦メキシコGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第20戦メキシコGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

 今日のチームにはもっと良い結果がふさわしかったのにと思う。今週末のマシンは素晴らしくて、チームが長い間にどれだけハードワークに取り組んできたかを示すものだ。標高が高いこのコースでは、ストレートでのドラッグにいつもほどは苦しめられずに済んでいるし、オースティンで導入したアップデートがうまく機能している。先週、ルイス(・ハミルトン)が、マシンの能力を証明した。今週末の僕らにはポールポジションの可能性があったと思う。


 最後のランでのことについて自分を責めている。でも結局のところ予選でポイントが与えられるわけではないし、明日の決勝でフロントロウにつくのが楽しみだ。レースで勝利を狙っていくよ。昨日試したロングランはまずまずだった。何ができるか見ていこう。レースが楽しみだ。


(予選後の会見で語り)ポールをつかめると思っていた。なのに僕がひどいラップを走ったんだ。自分を責めているよ。Q3最初のラップはクリーンないいラップだったけれど、もっとタイムを削れることは分かっていた。それでさらにプッシュしたら、マシンに足をすくわれて、アタックを終えられなかった。ターン5からひどいオーバーステアが出て、セクター3で挽回するためにプッシュしていたら、ロックアップした。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編