F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、トラブルでポール争いできず4番手「Q1で敗退していてもおかしくなかった」/F1第20戦予選

2022年10月30日

 2022年F1メキシコGPの土曜予選で、レッドブルのセルジオ・ペレスは4番手だった。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)のポールポジションタイムとは0.353秒差だったが、2番手ジョージ・ラッセル(メルセデス)とは0.049秒差、3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)とは0.044秒差と、非常に僅差だった。


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 5番手(1分19秒241:ソフトタイヤ/24周)
予選 4番手(Q1=7番手1分19秒706:ソフトタイヤ/Q2=5番手1分18秒615:ソフトタイヤ/Q3=4番手1分18秒128:ソフトタイヤ)

2022年F1第20戦メキシコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第20戦メキシコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 予選の序盤から電気系の問題を抱えていて、DRSでも苦労した。ラップタイムの参照データやブレーキバランスの情報などを得られず、すべて自分で対処しなければならなかったんだ。ほとんど手探りの状態で、トリッキーだった。ラップのなかで自分がどういう状況なのかも分からず、かなり混乱していた。この問題のせいでQ1やQ2でノックアウトされそうだったことを考えれば、ポールにこれほど近づけたことはよかったと思う。


 4番手は望んでいた位置ではないし、もっとずっと良いポジションをつかめたはずだ。3番手ならよかったと思う。でもこれが現実だ。明日に期待し、完璧なレースをする必要がある。サーキットの雰囲気は素晴らしい。明日はもっと強さを発揮しなければならない。最高のスタートを決める必要があるが、明日に可能性があると信じている。今週末、皆が僕を全力で応援してくれているのは分かっている。母国でレースをするのは最高の気分だよ。



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP