F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

3年ぶりの鈴鹿F1でタイトル決定なるか。日本GPでのマックス・フェルスタッペンのタイトル獲得条件

2022年10月9日

 F1第17戦シンガポールGPを終えて、タイトル争いはマックス・フェルスタッペン(レッドブル/341ポイント)、シャルル・ルクレール(フェラーリ/237ポイント)、セルジオ・ペレス(レッドブル/235ポイント)の3名に絞られた。ここでは、フェルスタッペンが10月7〜9日に三重県の鈴鹿サーキットで開催されるF1第18戦日本GPにおいて獲得の可能性を残す、2022年シーズンのドライバーズタイトルの条件を見ていこう。


 3名のタイトル候補のうち、自力タイトルの可能性を残すのはフェルスタッペンただひとり。日本GP以降の残る4大会で獲得できる最大得点は112ポイントのため、フェルスタッペンはルクレールとペレスに対し8ポイント差をつけて日本GPを終えることができれば、鈴鹿サーキットで2年連続のドライバーズタイトル決定の瞬間を迎える。


 フェルスタッペンの自力タイトルの条件は『優勝+ファステストラップ(計26ポイント)』となる。一方、最低条件はルクレールが『ノーポイント』、ペレスが『9位(2ポイント)』で終えた上で、順位は『6位(8点)』以上となる。


 そのほかの順位と条件については下記の表を確認してほしい。

■マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得条件(2022年F1第18戦日本GP)

M.フェルスタッペンC.ルクレールS.ペレス
優勝+FL(26点)
優勝(25点)3位以下
2位+FL(19点)5位以下4位以下
2位(18点)5位(FL点無)以下4位(FL点無)以下
3位+FL(16点)6位以下5位以下
3位(15点)7位以下6位以下
4位+FL(13点)8位以下7位以下
4位(12点)8位(FL点無)以下7位(FL点無)以下
5位+FL(11点)9位以下8位以下
5位(10点)9位(FL点無)以下8位(FL点無)以下
6位+FL(9点)10位以下9位以下
6位(8点)11位以下9位(FL点無)以下

FL:ファステストラップ(1ポイント)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号