F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:メルセデスF1、新型ホイールガンでピットストップ短縮を狙う

2021.12.23

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メルセデスは、新しいコードレスホイールガンの開発が計画どおりに進めば、2022年シーズンのピットストップの競争で一歩先に出ることができるだろうと期待している。ピットストップ作業に関して言えば、この数年メルセデスはレッドブルにほとんど対抗できておらず、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスはレース中の重要な瞬間を犠牲にすることが多々あった。

 現在使用している同じ道具では決してライバルに勝てないことを理解しているメルセデスは、イタリア企業のディーノ・パオリと新技術を開発中で、アブダビでのテストでは革新的なe-ガンがお目見えした。これは本体の電力で動くため、コードを接続せずに使用できるものだ。来年のピットストップは、タイヤとホイールが合わせて最大4kg重くなるので、チームにとって難しいものになるだろう。

 しかし重くて扱いにくいピット道具がなければ、作業を早める助けになるかもしれない。電子制御のホイールガンは、ひとつのホイールナットを外した後、現在は手動で行われている反転を自動で行うため、メカニックの作業を簡素化できる。2022年シーズン序盤に他のチームが同様のシステムを使用するかどうかは時が経てば分かるだろうが、今のところメルセデスはこの領域のパフォーマンスにおいては、ライバルたちより一歩先を行っているようだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編