F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:アメリカGPの成功でラスベガスがF1開催に前向き

2021.11.01

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1は早ければ2023年から、アメリカで3カ所目となるグランプリの開催に踏み切るようだ。そのためのリバティ・メディアとラスベガス市当局との交渉ペースも、先週から上がってきた。F1アメリカGPの開催期間中に40万人がオースティンを訪れたという事実は、わずか数年前と比べてアメリカ国内でF1人気がどれほど高まっているのかをラスベガスのレースプロモーターに示すものとなった。それほど多くの旅行客が4日間か5日間にわたって集結するならば、かの“歓楽都市”といえどもF1の主催を通じて大きな利益を上げられるはずだ。

 これまで、あの有名なストリップをほんの数週間休止することさえ渋ってきたカジノオーナーたちも、アメリカGPの成功を踏まえて、街を訪れるF1ファンの0.1パーセントでもギャンブルで運試しをしてくれれば自分たちにかなりの利益が入るのだと理解した。つまり、ラスベガスが次のグランプリ主催者に決まるための条件はすべて整った。マイアミでの経緯とは反対に、ネバダ州で最も有名な都市であるラスベガスは、F1にとって実用的なカナダGPとの連続開催を可能にする4月中旬開催の受け入れに前向きだ。ネバダ州知事のスティーブ・シソラック知事は、オースティンにこそ行けなかったものの、以下のように語った。

「最近、F1の首脳陣と会う機会を得た。私はこの件で時間をとってくれた彼らに感謝している。以前も話したことだが、あらためて言いたい。『銀の州』は、もはやエンターテインメントの中心地であると同時にスポーツの中心地にもなりつつある」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号