F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2022年のF1スプリント予選に反対するチームたち

2021.10.20

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先週ロンドンで開かれたF1コミッション会合において、2022年の世界選手権開幕以降も、予選スプリントレースのフォーマットを維持ないし拡充するという案に、5チームが反対の意志を示した模様だ。

 最終的な票決は、4週間後にブラジルで予定されている3回目のスプリント予選が終わった後に実施される。メルセデス、マクラーレン、アストンマーティン、アルファロメオを含むとみられるそれら5チームが反対の主な根拠として挙げているのは、これまでスプリント予選が行われたシルバーストンや特にモンツァでのアクション不足、さらに日曜日の決勝レースでタイヤ戦略の選択肢が狭まってしまうことへの懸念だ。

 何人かのチーム代表によれば、予選スプリントレースのフォーマットでは金曜日にテストドライバーを投入できないことも、計画に反対する理由なのだという。一方で、たとえば現在レースウイークエンドを2日間で開催する案が再び議論されているが、シーズン中に別のフォーマットを導入し、フォーミュラワン・マネジメント(FOM)が主張するように予選スプリントレースにおける最大10ポイントの付与を始めてしまうと、ファンの混乱を招くばかりか、グランプリを異なるカテゴリーに分けてしまいかねない。

 この件については、2022年から登場する新世代マシンがどの程度の接近戦を可能にするのか、十分なデータが揃うまでF1が判断を先延ばしすることが提案されている。エンタテインメント性を高め、あるいはコース上のアクションでファンの関心を繋ぎとめるために、F1として何らかの追加策が必要かどうかは、その後に判断すればいいというのだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号