F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:SCラン中に速度を落として走行したボッタスが罰せられなかった理由/サウジアラビアGPの疑問(1)

2021年12月7日

 2021年F1第21戦サウジアラビアGP決勝の9周目にミック・シューマッハー(ハース)がクラッシュし、10周目にセーフティーカーが出動した際、2番手を走行しているバルテリ・ボッタス(メルセデス)が先頭のルイス・ハミルトン(メルセデス)よりも遅いペースで走行したのに、何も罰せられなかったことについて疑問を呈している。


 確かにスポーティングレギュレーション第39条5項では「いかなる車両もセーフティカーが出動中のどの時点であっても、不必要に遅くまたは不安定に走行する、または他のドライバーあるいはそれ以外の人に対して危険を及ぼす可能性があるような方法で運転できない。これは、かかる車両がコース上にいる場合にも、ピット入り口あるいはピットレーンで走行中である場合にも適用される」と明記されている。


 これはあるチームのドライバーふたりが1-2体制で走行しているときにセーフティカーが出動した際、2番手を走行しているドライバーがトップのドライバーのポジションを守るために3番手以下を抑えようとスロー走行することを禁じたレギュレーションだ。2004年のアメリカGPではフェラーリがこのシステムを使い、トップのミハエル・シューマッハー(フェラーリ)がピットインしたのに、2番手のルーベンス・バリチェロ(フェラーリ)が3番手の佐藤琢磨(B・A・Rホンダ)を抑えていたため、シューマッハーがステイアウトした佐藤琢磨の前でコースに復帰するという珍現象が起き、このレギュレーションが導入された。

F1 Topic:サウジアラビアGPの疑問(1)
赤旗中断中のバルテリ・ボッタス(メルセデス)


 ところが、今回のボッタスは不問に付された。レース後、レッドブルのヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)は「ハミルトンとの間に10車身以上遅れていたように思う。かつてハンガリーGPでは(セバスチャン・)ベッテルが同じような理由でペナルティを受けた」と語ったが、これは、セーフティーカー出動時の先頭車両のペースについて明記したレギュレーションと混同しているようだ。


・第39条10項 一旦セーフティカーの後方についたなら、レース先頭車両は、セーフティカーとの間隔を車両10台分以内の車間距離を保たなければならない(第39条13の場合を除く)。


 つまり、2番手走行しているドライバーについては車両10台分以内とは明記されておらず、明記されているのは「不必要に遅くまたは不安定な走行」となっている。


 では、ボッタスの10周目の走行はどうだったのか。ラップタイムを見ると、トップのハミルトンが2分2秒043だったのに対して、ボッタスは2分7秒440と5秒も遅かった。これはダブルピットをロスなく行うためで、レースでは定石とも言える。実際、ボッタスの2分7秒440よりも遅いラップタイムで走行していたドライバーは5人もいることを考えると、これでペナルティを問うのは難しいだろう。事実、レッドブル自身がFIAへ抗議していないところを見ると、マルコの不満はひとつのポーズにすぎないように思える。


 ただし、ボッタスの戦略的なスロー走行によって、ハミルトンがステイアウトしたエステバン・オコン(アルピーヌ)の前でコースに復帰し、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の直後につけることができたのは、レギュレーションの盲点をついたやや不公平な出来事だったという印象は否めない。今後、再考する余地はある。

F1 Topic:サウジアラビアGPの疑問(1)
タイヤ交換をしていないフェルスタッペンの後ろに、ハミルトン、ボッタスのメルセデス勢が続いた



(Masahiro Owari)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編