F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー2番手スタートも入賞できず「衝撃的な遅さ。アルピーヌにまるで届かず」アルファタウリ・ホンダ/F1第20戦

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは11位だった。


 ガスリーは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)のグリッド降格でフロントロウの2番グリッドに繰り上がったが、1周目から順位を落とし、早い段階でタイヤ交換を行って後方に落ちた後、ポイント圏内に戻ることができなかった。


 アルファタウリはカタール前にはコンストラクターズ選手権5位のアルピーヌと同点だったが、アルピーヌが3位と5位を獲得したことで、25点差をつけられてしまった。

2021年F1第20戦カタールGP決勝スタートシーン(ルイス・ハミルトン、ピエール・ガスリー、フェルナンド・アロンソ)
2021年F1第20戦カタールGP決勝スタートシーン(ルイス・ハミルトン、ピエール・ガスリー、フェルナンド・アロンソ)

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
決勝=11位
2番グリッド/タイヤ:ソフト→ミディアム→ミディアム(56周)


 すごく悔しい一日だった。(角田)裕毅も僕もトップ10圏内からスタートしたのに、レースのなかで大幅に順位を落とした。ドライバーとして全力を尽くしたけれど、今日の僕たちはとにかく遅すぎた。


 スタートの時点で(フェルナンド・)アロンソについていくことができず、そのためにアグレッシブな2回ストップ戦略を採ることにした。でも結局ペースがよくなかった。


 うまくいかなくて本当にがっかりしている。昨日のインシデント(注:予選で縁石に乗った際にフロントウイングが壊れ、それによってタイヤがパンクした)の後で、いくつかマシンのパーツを交換した。それがレースペースに影響したのかどうかは分からない。今は僕には説明ができないので、この後、すべての点を見直す必要がある。


(レース直後に語り)僕たちのレースペースは衝撃的だった。必死にプッシュしたけれど、フェルナンドより新しいタイヤを履いている時でも、彼にはまるで届かなかった。


 チームメイトが2台揃って予選でトップ10に入ってペースも良かったのに、決勝では2台揃って後退して速さの兆しが見えないなんてことが、いったいどうしたら起こるのか、僕には理解できない。


 衝撃的だし、(ランキング5位を争っている)アルピーヌの今日の結果を見ると、とても悔しい。でも、彼らの方がずっと良い仕事をしたということなので、彼らを祝福するしかない。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP