F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TDレース後会見:2チームで明暗が別れた週末。残り2戦に向け「今できることをもう1度考えたい」

2021年11月22日

 F1初開催となった2021年F1第20戦カタールGPでのホンダ勢4台は、レッドブル・ホンダが2位、4位。アルファタウリ・ホンダはトップ10からスタートしながら11位、13位完走に終わった。


 この結果についてホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは、レッドブルについては「現在のパフォーマンスを最大限引き出してくれた」と評価。アルファタウリに関しては、「(決勝レースに限らず)難しい週末だった」と総括した。


 今季も残り2戦。激しいタイトル争いを繰り広げるレッドブル・ホンダとメルセデスだが、ここ2戦はレッドブル・ホンダが劣勢に立たされている。「さらに向かい風が強くなるのか、あるいは逆転して追い風に乗れるのか」「今できることをもう1度考えて、残り2戦に臨みたい」と、決意を新たにしていた。


────────────────────


──レース結果をどう見ていますか?


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):フリー走行の状況から、タイヤに厳しいということは見えていました。それにしても決勝レースではタイヤパンクチャーが続出し、やはり初開催ゆえの難しさがあったのかなと思いました。


 ホンダパワーユニットを積む4台に関しては、レッドブルのマックス(・フェルスタッペン)選手はグリッド降格ペナルティで本来の2番手から7番手スタート、(セルジオ・)ペレス選手もQ2敗退で11番手スタートという状況でした。しかし、我々が現在持っているパフォーマンスを最大限引き出してくれて、2位、4位という結果を得られました。そこはよかったと思っています。


──アルファタウリ・ホンダは残念な結果でした。


田辺TD:(ピエール・)ガスリー選手はフロントロウスタートに繰り上がり、Q3に進出した角田(裕毅)選手は8番手スタートでした。しかし残念ながらペースが上がらず、ポイント圏外でのチェッカーでした。全体的に見ても、難しい週末だったというのが我々の見解です。

2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第20戦カタールGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)


──今季も残り2戦です。


田辺TD:1週間空けてサウジアラビア、アブダビの2連戦ですね。ここまで1年間戦ってきた内容を見直し、最終2連戦で我々として何ができるのか。チームと一緒にそのあたりをしっかりと準備して臨みたいと思います。


──メルセデスの今回の直線スピードについて、何か感じたことはありますか?


田辺TD:サーキット特性の影響が大きいのでしょうが、我々の感触としては、今回に限ればブラジルのような大きな差はなかったと思います。


──次戦のサウジアラビアはかなりの高速コース、そしてアブダビは大掛かりなコース改修で特性も変わっているはずです。このふたつのサーキットに関してはどんな見通しをしていますか?


田辺TD:どういったパワーユニットの使い方がいいのか、とにかくチームと一緒に、十分な準備を重ねていくしかないですね。

2021年F1第20戦カタールGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


──この3連戦で急激にメルセデスとレッドブル・ホンダの力関係が変わった、風向きが変わった印象です。そのことについて、どう思っていますか?


田辺TD:当然ながら我々は、いつも追い風に乗っていたいです。今季はここまで何度もありましたが、ものすごい向かい風、ものすごい追い風の両方を経験してきました。それらを経て今のポジションがあると思っています。この先もどんな風が吹くのか分かりません。さらに向かい風が強くなるかもしれないし、あるいは逆転して追い風に乗れるのか、そこはマシンパッケージの組み合わせに依るところが大きい。単に追い風に乗るというより、我々が今できることは何なのか、その部分をもう1度考え、残りの2戦に臨みたいと思います。


──その風向きの変化というのは、マシンパッケージの変化なのか、サーキットとの相性なのか、レースの週末をうまく戦えていないのか。どう考えていますか?


田辺TD:全部ですね。マシンパッケージは当然ですがサーキットによって変えていきます。合う、合わないを見極めて、そこに週末の天候変化、温度、路面温度、風向きなどで合わせ込み方も変わっていきます。チーム、エンジニア、メカニック、ドライバーも含めたパッケージ、とにかく全部です。


──その意味で、今回のカタールはレッドブル・ホンダに合っているのではないかと見られていました。チームとして有利さをうまく引き出せなかった、戦いきれなかったということでしょうか?


田辺TD:誰がどう事前予想したのか分かりませんが、何とも言えません。

2021年F1第20戦カタールGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第20戦カタールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第20戦カタールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号