F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン7番手から2位「最速ラップをハミルトンに渡さないという計画が成功。満足の結果」F1第20戦

2021年11月22日

 2021年F1カタールGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位だった。


 フェルスタッペンは予選でダブルイエローフラッグを無視したとして、5グリッド降格ペナルティを科され、その際のラップタイムも取り消された。ただし予選2番手に変更はなく、7番グリッドからのスタートになった。


 決勝1周目に4番手、5周目には2番手に上がり、終盤にはソフトタイヤに履き替え、最終ラップにファステストラップを記録した上で2位でフィニッシュした。


 ドライバーズ選手権ではフェルスタッペンがルイス・ハミルトン(メルセデス)を8点リード。コンストラクターズ選手権では2位レッドブルが首位のメルセデスとの差を縮め、5点差に迫った。

2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位獲得
2021年F1第20戦カタールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位獲得

■マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング・ホンダ)
決勝=2位
7番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ミディアム→ソフト(57周)
ファステストラップ記録


 もちろんこの結果には喜んでいる。今回は僕たちチームにとってとても難しい週末だった。今もペースは足りず、5グリッド降格ペナルティも受けたが、全力を尽くした。2位でフィニッシュし、ファステストラップを記録できてとてもよかった。


 エキサイティングなスタートを決めたよ。最初の数周が重要だと分かっていたんだ。蹴り出しがよく、あっという間に2番手に復帰した。その後は前とのギャップが広がらないように努力し、それはとてもうまくいった。


 今日は楽しかった。ファステストラップを狙いに行った時は特にね。チェコ(セルジオ・ペレス)が表彰台に上れなかったのは残念だけど、彼はチームのためにたくさんのポイントを稼いでくれた。


 フェルナンド(・アロンソの表彰台獲得)のこともうれしく思う。彼がどれだけ優れたドライバーか、知らない者はいないし、そのことに疑いようのない事実だ。

2021年F1第20戦カタールGP 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と3位フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第20戦カタールGP 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と3位フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 僕たちは集中力を切らさないようにしなければならない。あと2レース残っていて、いろいろなことが起こり得るし、不可能なことは何ひとつないんだ。


(レース直後に語り)レースを通して(ハミルトンとの)ギャップを小さく保つよう心がけた。彼らが追加のピットストップができないようにするためだ。それを成功させたことで、僕は終盤にファステストラップを獲ることができた。すごく満足しているよ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号