F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「VSCのタイミングが悪く、オコンにポジションを奪われた」:アストンマーティン F1第19戦決勝

2021年11月16日

 2021年F1第19戦ブラジルGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは11位、ランス・ストロールは47周目にリタイアでレースを終えた。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=11位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第19戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 今日はポイントを獲れる可能性が十分にあると思っていた。だけど、バーチャルセーフティカーのタイミングが僕らの助けにはならず、エステバン(・オコン)にポジションを奪われた。あれがなければ、また違ったレースになっていたはずだ。


 それでも、できることはすべて試して、1ストップではなく2ストップの戦略を選んだ。終盤はランド(・ノリス)との勝負になって、1ポイント獲得にあと一歩というところまで迫り、最後は彼に追いつきそうだったけど、少しだけ足りなかったね。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=リタイア

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第19戦ブラジルGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 昨日は後方から追い上げることができたので、レースでもポイントを記録するチャンスはあったと思う。とてもいいスタートを切った後、ターン1でツノダ(ユウキ)との接触があった。彼はソフトタイヤでこっちはミディアムだったから、あの時点では彼の方が速かったんだ。


 ただ、彼の動きは捨て身のアタックみたいで、明らかに楽観的すぎたと思う。あの接触でクルマにダメージを負い、さらにいくつかのパーツが壊れて脱落したために、ペースが悪化して順位を下げてしまった。最終的にリタイアを強いられたのは残念だ。でも、この週末を終えて、次のカタールではいいポジションでフィニッシュしようという決意はいっそう固くなった。

2021年F1第19戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)が接触
2021年F1第19戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)が接触



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号