F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリ 2021年F1第18戦メキシコGP レースレポート

2021年11月8日

プレスリリース
2021 メキシコクランプリ 決勝

フェルスタッペン、ハミルトンとの見応えある闘いを2ストップ戦略で制す

2021年11月7日、メキシコシティ

キーポイント

・レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、P Zeroイエロー・ミディアムからP Zeroホワイト・ハードへ繋ぐ1ストップ戦略でメキシコグランプリを制しました。ピレリが最速と予測したこの戦略は、71周で争われるレースでの主流となりました。


・メルセデスのルイス・ハミルトンは、30周目にハードタイヤへ交換して2位を獲得しました。レッドブルのセルジオ・ペレスは、ハミルトンより11周フレッシュなハードタイヤを活かし、終盤にハミルトンとの2位争いを演じました。


・アルピーヌのエステバン・オコンとアルファタウリの角田裕毅を除く全ドライバーがミディアムタイヤでスタートしました。オコンと角田は、P Zeroレッド・ソフトタイヤを装着してグリッド後方からスタートしました。


・マクラーレンのダニエル・リカルドとポールポジションからスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、セーフティカーが導入された1周目にハードタイヤへ交換しました。両ドライバーは、ともに再度ミディアムタイヤへ交換しました。ボッタスは、レース終盤にファステストラップを狙い、ソフトタイヤへ交換するピットストップをさらに2回行いました。


・スタート時の路面温度は、今シーズン中最高の48度でした。

各コンパウンドのパフォーマンス

・ハードC2:レースでの鍵を握りました。大半のドライバーが、ハードで第2スティントを走行し、低い摩耗とデグラデーションのメリットを享受しました。


・ミディアムC3:最適な柔軟性とワイドなピットストップウィンドウを提供しました。後方グリッドからスタートしたマクラーレンのランド・ノリスは、ミディアムで最長となる44周を走行し、10位でフィニッシュしました。


・ソフトC4:オコンは、ただひとり、ソフト〜ハードと繋ぐ戦略を実行しました。ボッタスは、残り5周時点でソフトへ交換し、フェルスタッペンからファステストラップを奪い、ラップレコードを更新しました。今日の高い路面温度がソフトタイヤのオーバーヒートを促進したことから、予測どおり、ソフトタイヤの使用は限定的でした。

ピレリF1およびカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント

「多くのドライバーにとって、比較的シンプルな1ストップのレースとなりました。高い路面温度の下、ミディアムとハードは素晴らしい結果をもたらしました。ミディアムは、スタート直後4周のセーフティカー導入周回の助けもあり、長いオープニングスティントに見事に対応し、性能と一貫性の強力なバランスを示しました」


「ハードタイヤは、低いデグラデーションで良好なレースペースを発揮し、今日のレースでの主役となりました。その結果、マックス・フェルスタッペンは、かなりダスティーな路面において、ユーズドのハードタイヤで2019年(前回のメキシコGP)の最速レースラップを破った最初のドライバーとなりました」

■2021年F1第18戦メキシコGP レースインフォグラフィックス


2021年F1第18戦メキシコGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第18戦メキシコGP レースインフォグラフィックス

2021年F1第18戦メキシコGP レースインフォグラフィックス
2021年F1第18戦メキシコGP レースインフォグラフィックス

■コンパウンド毎のラップタイム上位

・ハードC2
マックス・フェルスタッペン:1分18秒999
セルジオ・ペレス:1分19秒468
ルイス・ハミルトン:1分19秒820


・ミディアムC3
バルテリ・ボッタス:1分19秒761
マックス・フェルスタッペン:1分20秒685
セルジオ・ペレス:1分20秒761


・ソフトC4
バルテリ・ボッタス:1分17秒774
エステバン・オコン:1分23秒436

■最長スティント

・ハードC2:エステバン・オコン 56Laps
・ミディアムC3:ランド・ノリス 44Laps
・ソフトC4:エステバン・オコン 14Laps



(ピレリジャパン プレスリリース)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/5
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編