F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ジョビナッツィ、早すぎたタイヤ交換戦略を非難。エンジニアは「効果がなかった」と認める/F1第18戦

2021年11月9日

 アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、2021年F1第17戦メキシコGPで入賞を逃したことで、チームのレース戦略を非難した。ピットに戻る際、ジョビナッツィはチームに対し無線で「素晴らしい戦略をありがとう……」と皮肉なコメントを伝えたが、彼のレースエンジニアやチームの誰からも返答はなかった。数分経ってもジョビナッツィは非常に苛立っており、メディアに話す時に慎重に言葉を選ぶことはしなかった。


 明らかに気分を害していたジョビナッツィは、次のように語った。


「今までは、あのような戦略で僕のレースを台無しにするようなことを誰かがするとは信じたくなかった……。今日、僕は起きたことについてとてもがっかりしている……」


 ジョビナッツィは11番グリッドから素晴らしいスタートを切り、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とダニエル・リカルド(マクラーレン)のレースを台無しにしたインシデントの恩恵を受けて6番手に上がったが、5周目のリスタートでカルロス・サインツ(フェラーリ)の後ろに後退した。


 サインツの後ろでジョビナッツィは1周あたり約0.5秒を失っていたが、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)の前のポジションを維持していた。ベッテルがDRS圏内に入った時でさえ、ジョビナッツィは彼の前にとどまることができていたので、チームが16周目という早い段階でジョビナッツィをピットに呼び戻したのは非常に驚きだった。ジョビナッツィは残りの55周をハードタイヤで走行することになった。

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第18戦メキシコGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)


 ジョビナッツィは次のように語った。


「彼らは僕を呼び戻したが、問題だったのは、コースに戻った際にまったく速さのないリカルドとボッタスの後ろになってしまったことだ。だから彼らの後ろで動きが取れなかった。僕のタイヤはオーバーヒートし始めていた。ストレートでは非常に速い2台のマシンのすぐ後ろにいたからで、あっという間に僕は多くのグリップを失った。アンダーカットすることで得られたかもしれないアドバンテージはすぐになくなってしまった」


「リカルドとボッタスがようやく2度目のピットストップに向かうと、前が開けた。僕のタイヤはボロボロで、前にいた全員がピットストップを行って僕よりはるか前でコースに復帰していた。今日は戦略が完全に間違っていて、多くのポイントが失われた。2台ともがポイントを獲得できるチャンスは滅多にないが、今日はそのチャンスがあった。僕はセバスチャンより前にいたから、7位と9位でフィニッシュすることができたはずだ。そうできていたらウイリアムズとの戦いのなかで、多くのポイントを獲得できていただろう」


 チーフレースエンジニアのセビ・プホラルは「アントニオに採った戦略は確かに効果がなかった」と認め、次のように説明した。


「我々よりもはるかに速いマシンを持つリカルドとボッタスが、あれだけ遅くなることを予想していなかった。彼らがレースの終わりまでタイヤをもたせようとタイヤマネジメントをしていたとしても、あれだけ遅くなる理由はない。私が考える唯一の説明は、リカルドがマシンに問題を抱えていたに違いないということだ。彼はマクラーレンのマシンで可能なはずの速さよりもずっと遅かったのだ……」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)&バルテリ・ボッタス(メルセデス)&アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
ポジションを争うリカルドとボッタス。ジョビナッツィはその後方での走行を強いられた



(Grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号