F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:大規模な路面修繕を実施しているオースティンに神経をとがらせるピレリ

2021.10.13

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1は、オースティンでまたも不安な金曜日を迎えることになる。第17戦アメリカGPが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで、現在大規模な路面修繕が施されているためだ。これは、先日ここを走ったMotoGPのライダーたちから路面状態に関する不満が多数上がったことを受けての措置で、その際トップライダーの何人かは今後のボイコットを口にするほどだったという。

 2012年F1アメリカGPの直前に完成した比較的新しいコースだが、その後ターマックの一部がかなり沈下するという問題が生じた。2019年のグランプリでも、フリー走行中のマシン数台がターン1入口のインサイドラインにあった巨大なバンプでおおきく飛び跳ねてしまい、金曜日の夜に急きょ修理が行われるほどの事態となった。

 現在ではコースの他の箇所にも複数の問題が見つかっており、主催者側が路面全体で、でこぼこを無くすための作業を懸命に続けている。しかし、あくまでもその成果は金曜日の午前にマシンが走り始めた後にならなければ分からないのだ。F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、コース上の4つのセクションで進行中の舗装によるターマック特性の変化にも神経をとがらせている。新たな、磨かれたターマックにタイヤがどう反応するのかは、マシンを走らせてみないと分からないからだ。とはいえ、その段階になれば、もはや安全上の問題を生じさせないためにタイヤ空気圧を調整するくらいしか打てる手はなくなっている。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号