F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2022年からはF1新人ドライバーがFP1で走行のチャンス

2021.09.29

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 F1の各チームとも、2022年の開幕戦以降、2度のFP1においてまったくの新人ドライバーを走らせなければいけないとする競技規則の変更を受け入れる用意ができた模様だ。来年、FIA-F2からF1昇格が見込まれるルーキーはせいぜいひとりしかいない。中国の周冠宇が、アルファロメオF1で2022年にアントニオ・ジョビナッツィの後任に予定されているくらいだ。F2チャンピオンの本命であるオスカー・ピアストリは、グランプリレースでシートの空きがないことから休暇とすることを検討している。このためどのチームも、来年の開幕戦からはたとえタイトル争いの最中であったとしても2度のFP1については犠牲にすることを受け入れたのだろう。

 フェルナンド・アロンソが若手ドライバーテストにルーキーとしての参加を認められたような状況を生じさせないため、新競技規則では過去にF1での実戦経験を持たないドライバーだけがこれらのFP1に参加できることになる。ただし、各チームはどのグランプリで若手を起用するのか自由に選べる。

 ほとんどのチームは、ひとりのルーキーを2度のFP1で起用すると見られる。ピアストリはアルピーヌから2回走行し、ロバート・シュワルツマンもフェラーリで同じ役割を担う可能性が高い。メルセデスが、F1での走行距離を稼ぐ機会をニック・デ・フリースに与えると見られる一方、レッドブルは2022年のFIA-F2参加が想定される育成ドライバー、すなわちリアム・ローソン、ユアン・ダルバラ、岩佐歩夢、ノルウェー人ドライバーのデニス・ハウガーといった顔ぶれから、来年の2度の機会にひとりずつ充てることができる。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号