F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「遅かれ早かれ彼は勝利をつかむ」F1初優勝を逃したノリスに、友人のルクレールやラッセルから励ましの声

2021年9月29日

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、ランド・ノリス(マクラーレン)が日曜日の夜に“かなりの罪悪感”を抱えてソチを発つことになるだろうと語った。それは、ノリスがF1第15戦ロシアGPで首位を走行中に間違った戦略を選んだためだ。しかしルクレールは、ノリスが代償の大きいミスから学ぶだろうと主張している。


 ノリスは13周目から他の追従を許さないリードをしており、あと残り数周の時点で降り始めた雨が彼のレースを台無しにするまでは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)ですら寄せ付けないように見えた。


 悪化するコンディションのなか、各チームやドライバーがインターミディエイトタイヤに履き替えるか否かを検討している時、ノリスはステイアウトする戦略を採ったが、一方のハミルトンは49周目にピットストップを行った。


 ノリスの判断の代償は大きかった。土砂降りの雨は激しさを増し、ノリスを含むスリックタイヤを履いたままのドライバーたちは、ピットストップを行わざるを得なくなった。隊列に再合流したノリスは順位を落として7位フィニッシュとなってしまい、自身初のグランプリ優勝の輝かしいチャンスを失ってしまった。

ランド・ノリス(マクラーレン)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
ノリスは51周目にピットイン、その間にフェルスタッペンが2番手に浮上した


「彼がどのように感じているか想像できるよ。それに彼はあのような状況での決断に関わっているから、とても大きな罪悪感を感じているだろうね」とルクレールは思いやりのあるコメントをした。


「だけど彼は素晴らしいドライバーだ。今シーズン彼はそのことを頻繁に示していると思う。今シーズンの彼はとても強い。僕は彼がこのことから学ぶだろうと確信している」


「彼が初優勝を飾るのは時間の問題でしかない。彼は自分のしたレースの後で、それほど落ち込む必要はないと思う」


 ノリスと仲の良い友人であるジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は、不運や状況のせいで初優勝を逃してしまう辛さを知っている。彼は去年1戦限りでメルセデスから参戦したサクヒールGPで優勝に近づいたからだ。ラッセルはルクレールの気持ちに共感し、ノリスの勝利はすぐそこだという彼の意見に同意した。


「すべてのドライバーにとっての最悪の悪夢は、レースをリードしている時にバイザーに雨がつくのが見え始めることだ」とラッセルは語った。


「ピットに入るのも最悪だし、ピットに入らないのも最悪だ。どちらをとっても不利な状況になるんだ」


「僕は経験したことがある。それはすごく辛いことだ。だけど彼は立ち直るよ。努力してそこから何かためになることを得ることができるだろう。そして遅かれ早かれ彼は勝利をつかむと思うよ」

ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第15戦ロシアGP ランド・ノリス(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号