F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダ密着:タイヤ交換のタイミングを見極めたフェルスタッペン。インラップでは群を抜く速さを披露

2021年9月27日

 2021年F1第15戦ロシアGPのレース後、2位でフィニッシュしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、サーキットから帰る途中、ホンダのホスピタリティを通りすぎるとき山本雅史マネージングディレクターとがっちりと握手して、ロシアGPでの表彰台獲得を喜んでいた。

レッドブル・ホンダ密着
レース後、握手を交わすフェルスタッペンと山本MD


 なぜ、最後尾からスタートしたフェルスタッペンが2位になったのか。もちろん、その要因のひとつはレース終盤に雨が降ったからだ。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はこう説明した。

レッドブル・ホンダ密着
最後尾からスタートしたフェルスタッペン

レッドブル・ホンダ密着
26周目、1回目のタイヤ交換に向かうフェルスタッペン

レッドブル・ホンダ密着
ロシアGPのレース終盤には雨が降り出した。スタンド席のなかには傘をさす観客も


「残り6周か7周の段階では、そんなことが可能とは思えなかった。今日のようなトリッキーな天候では、とても簡単にヒーローにもゼロにもなれる。ピットインすべきか否かは本当に厳しい判断だった。ピットウオールにいるエンジニアたちと比較して、ドライバーたちはコース上で我々よりもずっと多くを見て、感じている。そのため、インターミディエイトタイヤに交換するためにストップするかどうかの判断はマックスに任され、最終的にマックスはそれをうまくやり遂げた」


 確かにホーナーが言うように、残り7周の段階でフェルスタッペンの順位は7番手だった。そして、残り6周となった48周目にトップ8のなかで真っ先にピットインしたのがフェルスタッペンだった。


 だが、タイヤ交換の見極めだけが2位となった理由ではない。というのも、上位陣でこの周にピットインしたのはフェルスタッペンだけでなく、47周目の段階でフェルスタッペンよりも前を走行していた4番手のカルロス・サインツ(フェラーリ)と6番手のダニエル・リカルド(マクラーレン)も同時にピットインしている。にもかかわらず、47周目に7番手だったフェルスタッペンが彼らをかわして2位を獲得したのは、ドライからインターミディエイトへタイヤを交換するためのインラップとなる48周目の走りが、異次元に速かったからだ。


 3人のインラップのタイムを比較してみよう。まず4番手のサインツは2分12秒870で、6番手のリカルドが2分10秒096だったのに対して、フェルスタッペンはなんと2分3秒080だった。結果、フェルスタッペンはセクター2を過ぎるまでに、リカルドとサインツをパスし、48周目に彼らふたりより先にピットロードへ入り、トップ8のなかで真っ先にタイヤ交換を済ませてコースへと復帰していったのである。

レッドブル・ホンダ密着
48周目、フェルスタッペンはリカルドとサインツよりも先にピットへ入った

レッドブル・ホンダ密着
フェルスタッペンに続いてサインツとリカルドがピットイン


 もちろん、このとき履いていたドライタイヤがリカルドとサインツがハードだったのに対して、フェルスタッペンがミディアムだったこともラップタイムの違いを生む要因となっていたが、コンパウンドの違いを利用し、滑りやすいコース上でミスなくオーバーテイクしたフェルスタッペンのテクニックは賞賛されるべきだろう。


 今回のフェルスタッペンの2位は運だけではなく、実力を反映した正当な結果だったといえる。



(Masahiro Owari)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 25:30〜26:30
フリー走行2回目 翌5:00〜翌6:00
10/23(土) フリー走行3回目 翌3:00〜翌4:00
予選 翌6:00〜翌7:00
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号