F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、アストンマーティンによるニューウェイ引き抜きの噂を否定「彼とはすでに契約延長済み」

2021年9月22日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、チーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイがアストンマーティンF1チームに引き抜かれる可能性があるといううわさを打ち消した。


 ニューウェイは、ウイリアムズ、マクラーレン、レッドブルでタイトル獲得に貢献、F1史上最も成功したデザイナーのひとりとして広く知られている。レッドブルには2006年に加入。チームは2010年から2013年までダブルタイトル獲得を達成した。


 一時、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスト・テクロノジーズが共同開発したアストンマーティンのハイパーカー、ヴァルキリーのプロジェクトに力を注いでいたニューウェイだったが、2020年には再びレッドブル・レーシングでのF1活動に集中するようになった。


 レッドブルは、2019年からホンダのパワーユニット(PU)を搭載、同年はコンストラクターズ選手権3位、2020年は2位、現在はメルセデスと熾烈なタイトル争いを繰り広げている。

レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサー、エイドリアン・ニューウェイ

 再び最盛期の勢いを取り戻したレッドブルだが、その立役者のひとりであるニューウェイに、アストンマーティンF1チームが狙いをつけているといううわさがある。今年、レーシングポイントからアストンマーティンへと名称を変えた同チームは、新ボスのローレンス・ストロールの指揮のもと、F1トップチームへの浮上を狙っており、現在スタッフの拡充を進め、ライバルチームからの人員の引き抜きも積極的に行っている。


 ホーナーは、イタリアの『Gazzetta dello Sport』のインタビューにおいて、「アストンマーティンがニューウェイ獲得を狙っているといううわさがありますが」と聞かれ、ニューウェイとは契約延長を行ったと明かした。


「エイドリアンは我々と働くことに満足しており、契約延長も行った」とホーナー。


「彼はレッドブルで16年を過ごしている。我々の仕事へのアプローチを非常に気に入っており、モチベーションも今まで同様極めて高い」


 2022年にはF1技術レギュレーションが大幅に変更され、現在とは全く異なるF1マシンが登場するため、現在ニューウェイ率いる技術チームは新たなチャレンジに立ち向かっている。


「新レギュレーションによって、上位の序列が大きく変わる可能性があるか」という質問に対してホーナーは、「白紙からのスタートになる。規則を他チームよりもうまく解釈するチームが出てくるだろう」と答えた。


「来シーズンの序盤がどうなるのかを見るのが楽しみだ。バジェットキャップの要素もあり、いったん間違った方向に進めば、挽回するのは極めて難しくなる。絶対にミスを犯してはならないのだ」

2021年型レッドブルRB16Bのカラーリングが施された2022年型マシンのイメージ



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号