F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【レッドブル・ホンダ密着総集編】新骨格PU投入によるデザイン変更も厭わず。開発、戦略と随所でチームワークが光った2021年

2021年12月31日

 レッドブル・ホンダの2021年は、重要な場面で素晴らしいチームワークが見られた1年だった。


 まずレッドブルとホンダのチームワークだ。ホンダは2021年でF1参戦を終了すると発表した直後に、新骨格のパワーユニットを1年前倒しで投入する決定を下した。新骨格はその名の通り、パワーユニットの外寸が従来のものとは大きく異なっていた。シリンダーヘッドの寸法が変更されたほか、カムシャフトの間隔が大幅に縮められ、バルブの角度にも変更が加えられたため、全体的にコンパクトになった。さらに骨格自体の変更に伴い、パワーユニットを構成する他のエレメントと補機類も見直されたため、従来の骨格とは似て非なるものとなった。

【レッドブル・ホンダ密着総集編】
新骨格パワーユニットを搭載したレッドブルRB16B(写真は2021年F1スペインGPで撮影)


 すでに従来の骨格で2021年の新車のデザインを進めていたため、レッドブル側は変更を余儀なくされたが、レッドブルはホンダの提案に嫌な顔ひとつ見せずに快く受け入れた。それは、レッドブルというチームが勝つためなら、いかなる労力も厭わない集団だったからだ。

【レッドブル・ホンダ密着総集編】
2021年F1第4戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)のマシン


 こうして、レッドブル・ホンダはメルセデスに対して、2014年のパワーユニット導入以降、初めてパッケージとして互角に戦える態勢が整った。

【レッドブル・ホンダ密着総集編】
高地のメキシコGPで威力を発揮したホンダPU


 ドライバー同士のチームワークも光った。ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターが開幕前に「今年は2台体制でメルセデスと戦える」と語っていたように、今年レッドブル・ホンダに加入したセルジオ・ペレスが随所にいい働きを見せた。第16戦トルコGPと最終戦アブダビGPでのレース中に披露したルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルは言うまでもない。それ以外にも、アブダビGPやイタリアGPの予選では、フェルスタッペンにスリップストリームを使用させる重要な役割を果たしていた。

【レッドブル・ホンダ密着総集編】
2021年にチームに加入したペレスは随所で重要な役割を果たした(写真は2021年F1イタリアGPで撮影)


 ただし、ペレスが見せたチームワークはコース上での走りだけではない。セットアップ面でもチームに大いに貢献していた。最終戦ではレッドブル・ホンダは2種類のリヤウイングを持ち込み、フリー走行3回目まで2台で異なる仕様を使ってデータを収集していた。ペレスの貢献がなければ、フェルスタッペンとレッドブル・ホンダのセットアップはもう少し妥協を強いられ、週末のレースは違った展開となっていたかもしれない。

【レッドブル・ホンダ密着総集編】
アブダビGPフリー走行3回目前にホーナー代表と雑談するペレス


 フェルスタッペンは年末に行われた年間表彰式でこう語った。


「チェコは素晴らしいドライバーだ。F1で一緒に仕事をするときだけでなく、人としてとても素晴らしい人間だ。彼とは本当にたくさんの楽しい時間を過ごすことができた。そのようなチームメイトがいることはこの世界ではとても大切で、最終戦で彼が見せた貢献は、真のチームプレーヤーに相応しい。この関係をこれからも長く続けることができることを望んでいる」


 フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンに輝いた2021年。コンストラクターズタイトルは惜しくも獲得できなかったが、2021年のベストチームはレッドブル・ホンダだったと言っても過言ではない。

マックス・フェルスタッペン&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第22戦アブダビGP マックス・フェルスタッペン&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

マックス・フェルスタッペン&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号