F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ジョビナッツィ「とても好調だったのに、1周目で台無しになるなんて悔しい」:アルファロメオ F1第14戦決勝

2021年9月14日

 2021年F1第14戦イタリアGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは13位、ロバート・クビサは14位でレースを終えた。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=13位

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第14戦イタリアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 とても好調な週末だったのに、1周目の出来事で台無しになるなんて悔しいよ。ふたつ目のシケインへの進入が少しワイドになってしまい、縁石に弾かれてクルマのコントロールを失ったんだ。何が起きたのかを完全に理解するには、あとで映像を見直す必要があるけどね。


 その後はとにかく厳しいレースになった。フロアにダメージを抱えた状態で、後方から追い上げるのは困難をきわめた。かなりいいペースで走れそうだったこと、そして周囲にいたクルマがフィニッシュした位置を考えると、本当に残念だ。ホームレースであるモンツァで、もっといい成績を残したかったんだけどね。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
ロバート・クビサ 決勝=14位

ロバート・クビサ(アルファロメオ)
2021年F1第14戦イタリアGP ロバート・クビサ(アルファロメオ)

 思いのほか厳しいレースになったが、最終的には可能な限りにおいて最善の成果を得た。1周目は順調だった。蹴り出しは理想的ではなかったものの、ポジショニングが良かったので3つ順位を上げたんだ。(バルテリ・)ボッタスを別とすれば、(周囲で)ハードタイヤを履いていたのは僕だけだったにもかかわらずね。グリップはあまり良くなかったし、タイヤをいたわる必要があることも分かっていたから、(ジョージ・)ラッセルとのギャップを少し空けて、レース後半に期待をかけていた。


 後半のスティントでミディアムを使うことが、アドバンテージになるはずだったんだ。ところがピットストップの後も、先行するクルマについて行くのは難しかった。近づくことはできても、そうすると大きくグリップを失ってしまうからだ。終盤には、またセバスチャン(・ベッテル)といいバトルができたよ。最後はアントニオ(・ジョビナッツィ)と順位を入れ替え、14位でフィニッシュした。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号