F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、ダメージを負ったフェルスタッペン車より「シューマッハーの方がダウンフォースがあった」

2021年8月3日

 レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが第11戦ハンガリーGPで負ったダメージの大きさについて、日曜日の波乱のレースではミック・シューマッハー(ハース)のマシンの方が“ダウンフォースが大きかった”と述べている。


 ハンガリーGPのスタート時、フェルスタッペンはポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)を追って1コーナーに入ったが、バルテリ・ボッタス(メルセデス)に後ろから追突されたマクラーレンのランド・ノリスと接触してしまった。

2021年F1第11戦ハンガリーGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 フェルスタッペンは、右側のバージボードほぼすべてと、フロアの広範囲を失うダメージを負ったものの、赤旗終了後にレースを継続することができた。しかし彼は大幅に弱体化したマシンを走行させることになった。


 2回目のスタート後、フェルスタッペンはシューマッハーのハースのマシンを捕らえるのに10周の間苦戦していた。


「ミック・シューマッハーの方がよりダウンフォースがあったと考えるべきだと言っておこう」とホーナーは語った。


「(フェルスタッペンは)全力で走行し、1ポイントを獲得した。今年の終わりには重要になる可能性があるポイントだ」


「今日、メルセデスが戦略的に愚かな間違いをしてくれたおかげで、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がレッドブルのために走っているように見えた。だからダメージは、ある可能性に比べれば限られたものだった」

多重クラッシュ発生の大波乱レースを制してアルピーヌのオコンがF1初優勝。角田は自己最高タイ7位【決勝レポート/F1第11戦】
シューマッハーの背後には、フェルスタッペン、ガスリー、ハミルトンが続いた


 インシデント満載の直近の2レースは、レッドブルとフェルスタッペンのポイント数に多大な影響を与えた。だがホーナーは、チームの運が好転することを確信している。


「今年の前半の6戦で我々は優勝している」とホーナーは述べた。


「我々がポイントを獲れなかったのはアゼルバイジャンとシルバーストンで、どちらもマックスのせいではない。ここもマックスのせいではなかった。我々の運はシーズン中に変わるだろうし、今年後半にはバランスが取れるだろう」


「チーム全体が懸命な仕事をした後の休みを取って当然だ。チャンピオンシップの後半は闘争心を燃やして挑むことになるから、おもしろいことになるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号