F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ドライバーたちの2021年推定年収。ハミルトンがトップ、2位にフェルスタッペン

2021年8月8日

 ビジネス誌『フォーブス』が2021年F1第10戦までの成績をもとに、チームからF1ドライバーたちに支払われるサラリー額を試算した。トップは当然のことながら、現F1世界王者のサー・ルイス・ハミルトンだ。


 F1ドライバーのサラリーは公表されないが、『フォーブス』は、財務文書、法務文書、報道機関からのリーク、業界関係者およびコンサルタントとの会話などを通して独自の調査を行った。ベースサラリーおよびポイント/優勝/タイトル獲得に伴うボーナス額を導き出し、第10戦までの成績をもとに、シーズン全体のボーナス額を予想し、2021年にチームから得られる収入として推定したのが、今回発表された数値だ(税金やエージェントの手数料は差し引かれていない)。


 ハミルトンが今年も他のライバル勢を大きく引き離し、総額6200万ドル(約68億円)の収入を得ると試算された。これには5500万ドル(約60億円)の基本報酬と、ボーナス700万ドル(約8億円)が含まれている。第10戦終了時点でハミルトンはドライバーズランキング2位だったため、タイトル獲得のボーナスは含まれていない。


 圧倒的な差をつけて7度目の世界タイトルを獲得した昨シーズンの推定収入は6600万ドル(約72億円)だった。ハミルトンは2014年にフェルナンド・アロンソからトップを奪って以来、最も収入額が高いドライバーの位置を守っている。

2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 2位とされるのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだ。基本報酬2500万ドル(約27億円)とボーナス1700万ドル(約19億円)で、合計4200万ドル(約46億円)と推測されている。


 3位はフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、4位はセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、5位はセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、6位はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、7位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)とダニエル・リカルド(マクラーレン)(同額)、9位はランド・ノリス(マクラーレン)、10位はカルロス・サインツ(フェラーリ)というトップ10になっている。

■2021年F1ドライバー年収ランキング(『フォーブス』調べ)

順位ドライバー推定年収
1ルイス・ハミルトン(メルセデス)6200万ドル(約68億円)
2マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)4200万ドル(約46億円)
3フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)2500万ドル(約27億円)
4セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)1800万ドル(約20億円)
5セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)1500万ドル(約16億円)
6シャルル・ルクレール(フェラーリ)1200万ドル(約13億円)
7バルテリ・ボッタス(メルセデス)1000万ドル(約11億円)
7ダニエル・リカルド(マクラーレン)1000万ドル(約11億円)
9ランド・ノリス(マクラーレン)900万ドル(約10億円)
10カルロス・サインツ(フェラーリ)800万ドル(約9億円)


2021年F1第11戦ハンガリーGP 予選後記者会見でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第11戦ハンガリーGP 予選後記者会見でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 トップ10のドライバーたちを合計すると、彼らは2021年に総額2億1100万ドル(約231億円)を稼ぐことになると推定される。2021年現在、各チームはそれぞれ1億4500万ドル(約160億円)の支出制限内で運営しているが、この制限には今のところドライバーの報酬は含まれていない。


『フォーブス』が発表した額には、個人のスポンサー契約からの収入は含まれていない。ハミルトンは、そういった契約からさらに1200万ドル(約13億円)の収入を得ていると見られており、こうしたスポンサーの多くがメルセデスF1チームも支援している。フェルスタッペンが得ている個人スポンサー料は100万ドル(約1億円)と推測されている。


 ハミルトンはメルセデスとの契約を2年間延長し、同チームに2023年末までとどまることを決めた。ハミルトンは、2000万ドル(約22億円)を投じて慈善団体『ミッション44』を設立。この団体はイギリス国内のマイノリティグループに属する若者の支援と援護を行い、励ますための活動を目的としている。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
ルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号