F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、SNS上で人種差別的なテキストを投稿していた従業員を解雇

2021年8月4日

 レッドブル・レーシングは、人種差別的なテキストメッセージに関わった匿名の従業員が、すでにチームに在籍していないことを認めた。


 先週前半、ソーシャルメディア上に人種差別的な言葉を用いたメッセージが多くやりとりされ、チームの上層部は迅速な対応に迫られた。


「前週に公に認めたように、我々は人種差別的発言を非難しており、組織内でのいかなる人種差別的行為も許すことはないという方針を採っている」とレッドブルの広報担当者は述べた。


 この人物はトラックサイドチームの上級スタッフではなかったとチーム側は認めており、「問題の人物はもはやレッドブル・レーシングの従業員ではない」と公式の声明は明かした。


「この段階ではこれ以上の発言は行わない」と声明は締めくくられている。


 テキストメッセージの画像によると、不快な言葉を使用したさまざまな投稿が、今年これまでのある期間、多くの日々に行われていた。


 メルセデスのルイス・ハミルトンは、第10戦イギリスGPの1周目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と接触して彼をリタイアさせたことから、オンライン上での人種差別発言の標的となった。


 当時、レッドブルはそのような攻撃に反対の立場であることを明確にしていた。


「我々はコース上では激しいライバル関係にあるかもしれないが、人種差別に対しては我々全員が団結している」とチームは述べた。「我々のチーム、ライバル、ファンたちに向けられるあらゆる人種差別的発言を非難する」


「チームとして我々は、マックスとの接触の後でルイスに向けられたソーシャルメディア上の人種差別的発言を目撃したことに、嫌悪感と悲しみを覚える。この件についてはどんな言い訳も通用しない。このような発言が我々のスポーツに入り込む余地はない。発言者は責任を問われるべきだ」


 レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは次のように明言した。


「チーム内での人種差別的行為について、我々が許すことは決してあり得ない」


「個人的にこのような嫌がらせを行った者は責任を問われるべきだと強く感じている。高ぶった感情によって、人種差別の一線を越えるべきではない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号